お盆に注意?

孫には何でも食べさせたい

お盆で帰省していらした方も多い事と思います

おじいちゃん、おばあちゃん、親戚やお友達との再会で楽しいもの
ご馳走を食べる機会もあることでしょう

孫達を迎える側は特に張り切って準備をしているはず・・

アレも食べてもらおう  コレもあった と買い物もうきうきと・・

おじぃちゃん、おばぁちゃんは孫が嬉しそうに食べる姿が大好き(私はババの立場なのでよく分かる)

だから喜ばせようと色々用意してくれる・・

お盆のあとが心配だ~

人が集って楽しく食べるとき、ついつい気を緩めがち
いつも食べない甘いものもお菓子も気がつけば結構食べてる  ジュースも「暑いからたくさん飲みなさい~」とか言われて何杯も・・

スイカもブドウも・・と果物も豊富

いつもより甘いものも糖質も摂ってたりして・・

前にも書いたけれど、子どもの内臓は未発達
大量の糖を処理できません

糖の処理が出来ないから血糖値の維持は難しい・・

そして糖を代謝するのにミネラルや特にビタミンB群がいつもより多く必要になります

子どもは特に成長期なので元々多く必要なのです
そんなときにお盆のお食事でさらに糖質寄りのお食事で
代謝出来ない量の糖が体に入ると・・

体調を崩したりテンションがハイになったり・・

かと思ったら兄弟げんかばかりしている・・

いつになくぐずる  聞き分けがない・・

中にはおねしょ復活、って事も

体調を崩しませんように・・

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする