アメリカ製サプリメントと日本製の違い

アメリカ製との違い

サプリメント(栄養素)の先進国アメリカでは、日本で発売されている量より遙かに多く、また消費されている。

ベジタリアンやアレルギーが出やすい物質を使わないなど、非常に工夫されている。

例えば、カプセルの材料も植物性で、ベジタリアンにも使えるし、アレルギーの人も可。日本製は、豚や牛から取れるゼラチンの使用が多い。

サプリメントの材料に、イースト、小麦、大豆、牛乳、乳製品などのアレルギーが出やすい物は除いてあったり、甘味料(砂糖含む)は無添加などだが、日本製はイーストを始めビール酵母、パン酵母などの酵母菌類が入っている物も多い。(LGSには入っていない方がいい

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする