プロティンを飲むとマッチョになる?!

「プロティン飲んでます」


「プロティン飲んでいます」って言うと必ず「え、マッチョになりたいんですか?」とか「体鍛えているんですか?」って言われます。

マッチョになれればいいんですが、それには程遠く・・

私がプロティンを飲み出したのは10年以上前

詳しい血液検査をしたらバッチリ、タンパク質不足が分かったのと、当時ほぼ体全体にアトピー性皮膚炎のような肌トラブルがあったりしたため治療の目的で飲み始めました。

プロティンを飲む意味

詳しい血液検査をして医師の処方で飲んでいるわけだけれど、健康維持だけでなく病態改善などが目的だったりします

プロティンは『第一の』という意味があるように体にとってはとても大事なものです

筋肉も骨も、臓器も、血液、胃液、胃酸、消化酵素も、ホルモンも色々な代謝にも、睡眠にも皮膚もだし、髪の毛もe.t.c. e.t.c.

色々な体の組成や働きなどに関わっているのが【タンパク質】なのです

だからコレが足りなくなると何かしらに不具合が出ても不思議はないんですよね・・

栄養療法ではほぼ必ず処方されることがあります

「毎日食事もちゃんと食べているのにプロティンが必要なんですかーー」ってよく聞かれます

だけど、今まで食事でタンパク質が足りている人はなかなか出会ったことないです・・

そして「ちゃんと食べている」っていう自己申告が実は人によってかなり幅があります

コーヒーとパンの朝食で「ちゃんと食べている」という人もいますし・・

元気な人ならいざ知らず、何らかの不調を抱えている人はやはり食事だけではなかなか難しい事が多いです

体の調子を整えるのにも、病態改善にもプロティンは欠かせません

(ここでいうプロティンは医療用に開発されたもので、なかなかの優れものです)

そんなわけで飲んでます

飲んでも期待するようなマッチョにはなりません・・

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする