栄養失調は人を変える・・派遣村を憂う

不況で体調を崩す・・・栄養失調は人を変える

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一ヶ月に及ぶ栄養失調は人を変えてしまう・・・昨日のテレビでレポーターが言っていた。急激な100年に一度と言われる世界を巻き込んだ不況で、派遣や契約社員を中心に寒空の中放り出された失業者達・・

暖冬気味とは言え、朝晩は厳しい寒さの中、凍死する人がいつか出るのではないかと心配になっている。所持金もなく勿論住まいも追われ、ホームレス状態に追い込まれている人々・・・

当然食べるものがあっても手軽で安いインスタントラーメンやカップ麺・・・

それでも食べられればまだしまだと言う・・・

こういう極限とも言えるような状況、特に食べるか食べないかの食生活では体調を崩すのは当然だ。食べないのも当然体に悪いがラーメンを中心とするインスタント類ばかりで生命を繋いでいくことがどんなに危険であるか、このブログを日々ご覧になっている方々は理解するだろう。

ちょっといつもと違った方向に書かせて頂くと、あーだこーだと言っているばかり、とか国民の真意を問う為の総選挙、とかねじれ国会でどーのこーのと言っている場合ではない。

こういう状態では追い込まれた人々が心身共に取り返しのつかない事になってしまう・・

テレビのレポーターが言っていたように、「この一ヶ月で食事をしていない栄養失調の人々の顔つき、人格まで変えてしまった」と言うのを政府は、政治家はもっと重く受け止め対策を今すぐにするべきだ。

一度崩れてしまった諸々を回復させるまでには、長い時間と医療費などのお金がかかる。そう言う人々が増えるのも国にとって大きな損失であると共に、国の医療費をこれ以上圧迫させない為にも、真剣に取り組んで欲しい。

これ以上、事態を悪化させてはならない。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする