山登りと貧血・・今日は山の日

山登りと貧血


一見関係なさそうなこのタイトル

山登りと貧血
その昔、上高地に行ったときの登山でワタクシ、今思えば軽い?高山病になりました

そのときは気がついていませんでしたが、あとでもしや・・と青くなった次第

なぜ、山登りで高山病になるのでしょうか?

標高の高い山に登ると空気が薄くなりますよね?
体がその薄さに対応出来ずに高山病特有の症状が出るのです(最近では高度障害と呼ぶことも多いとか)

頭痛・吐き気・めまい・手足、顔などのむくみ・あくび・睡眠障害e.t.c.  詳しくはこちら

空気が薄いことで酸欠状態になるからこういう症状が出るのです

酸欠状態

実は貧血もそうなのです 貧血=酸欠

体の中の血液の大事な役割

体の隅々まで酸素を運ぶこと

元々貧血の方は平地でも酸欠なのです

山の空気の薄いところへ行けば酸欠が加速・・

だから貧血の方は高山病になりやすいのです

私も当時は若く、もれなくド貧血の部類でした

しかもハイペースで登ったので余計に症状が出たのです

山登りと貧血  大いに関係があります

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする