年取っても肉・魚食べてね

86でも元気よ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このところ伯母と何度か電話している、私の母の姉。もう少しで87歳になる。

つまり妹である私の母の方が先に逝ってしまったのだ。

この伯母は、以前からまぁ元気な人。

さばさばしているし、気持ちも温かい・・

「いやぁ~、ちょっと忙しくてねぇ。婦人会で味噌の仕込みがあって」地域の婦人会で季節に合わせて、色々名物を手作りして売っているらしい。

「大分足下も危なくなってきたけれど、毎日歩いて婦人会行ってきたよー」

夜ご飯は、芋を蒸して食べた

伯母「もうねぇ~年取ると作るのが面倒でねぇ。こんばんはさつまいもを

蒸して食べたよー」

「えっ、それだけ?それご飯じゃないから。おばちゃん、少しでいいから、

納豆とか、ゆで卵とか一緒に食べてよ」

伯母「そうなんだけれどねぇー。今日は芋だけ」

「でもね、食事はいくつになっても大事よ・・年取っても肉とか魚も食べないとだめみたいよ」

伯母「そうなんだってねぇ~ 食事はいくつになっても大事だわ!明日からはちゃんと食べるよぉ」

「そうよ食べないと病気になっちゃうからね。食べてね」

年をとらなくったって、食事を作るのが面倒と言うことはいくらでもある。

作り手が食欲がなくとも、メニューが浮かんでこなくても、家族のために作る。

「一人だとねぇ、なんか作るのいやになっちゃうのよね・・」

この気持ち、よく分かる。

けれど生きていくのに、体に、必要な食べ物は毎日供給しないといけない。食べだめが出来ないからだ。

「肉が食べたいのよ」

毎日の食事はバランスよく食べなければならないし、これは、老若男女必要だ。

年をとったから、肉や魚は食べない、食べる必要かない、は大きな間違い。

人間の体は若かろうが年をとろうが、必要な栄養は摂らなければならない。

女優沢村貞子が書かれたのだったか、マネージャの方が書かれた本だったか(題名も忘れてしまった)の中に、家に来ていた家政婦さんに「ねぇ、私、肉が食べたいのよ。」と言う下りがある。

家政婦さんは「お年を召したら肉は食べない方がいいんです」

と主張して譲らない。体のために年をとったら食べない方がいいというのだ。

確かこの家政婦さん栄養士の資格も持っていたような・・・

結局、沢村貞子はこの家政婦を首にして、食べたいときに食べたい肉を召し上がったそうだ。

年をとると食欲も落ちるけれど、だからと言って食べないとますます消化能力などが落ちてしまう。

食べたいものは、沢村貞子のように特にたんぱく質系は食べた方がいいのだ。

心身共に健やかに過ごしたいなら、肉や魚以外にも、年をとっても体のために、ビタミン、ミネラルなどもしっかり食べなければならない。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする