甘いものは別腹の意味

ブッフェランチで・・

お友達とブッフェに行くとその方の食生活が見えてちょっと興味深いです

パスタばかり取ってくる人、サラダ中心な人、肉中心な人e.t.c. e.t.c.
何回もおかわりに行く人もいます 大皿にこれだけ食べたらせいぜい2回が限界

だけど何度も行く人がいます

甘いものは別腹、の意味

お食事コースも終わってお楽しみのデザート&フルーツ
甘いものは普段食べていないけれど、美味しいデザートは誘惑にちょっと負ける・・

お友達はそこそこメインを食べたあと、デザートコースに突入 ちっちゃいケーキやゼリー10種類くらいあるのを一通り持ってきて食べてた

アイスクリームもあってそれもペロリ 「スイカもマンゴーも美味しそう」とそれも

いやいやこれだけの量、どこに入るの??って位

ワタシはせいぜいこんなもの

甘いものは別腹・・
そこそこお腹がいっぱいでも食べられてしまう秘密
それは甘いものを食べることで血糖値を下げるための
【インシュリン】がバンバン出るから・・

インシュリンが過剰に出ると血糖が下がるので空腹と脳は勘違いしてまた食べたくなるのです

メインの食事も何回もおかわりに行く人のお皿を見るとインシュリンをバンバン出すメニューを選んでいることが多いです

つまり【糖質】が多いということ・・

食べているそばからインシュリンが分泌されている可能性が・・・

食事って口の中で噛んでいる時から口の粘膜から分解された糖が吸収されていきます

インシュリン過剰分泌気味の方は吸収したそばから分泌が・・

だからどんどん食べられる・・

甘いものは別腹、こんな秘密です
そして過剰に分泌されたインシュリンは色々な悪さもするし、余分な脂肪をため込む原因になります

これを知るとちょっと怖いですね・・

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする