眼球の痛み

頭痛と眼球の痛み

低血糖症の症状として色々なものがあるのはすでに書いた。このブログにたどり着いた方のなかに、『頭痛』『眼球の痛み』という検索語が結構ある。

頭痛といっても色々種類がある「偏頭痛」(片頭痛)・緊張型頭痛」「群発頭痛」など
種類などについてはこちら

時々強烈な眼球の痛みがある方も

「目の奥がえぐられるような痛み」という非常に辛い痛み(過去、私も何度が経験済み)

偏頭痛は血糖が下がったとき、脳に多くの血液を送り出し、必要な血糖量を補おうとする体の基本的な働きによるもので、心臓の拍動ごとに一気にたまった血液が血管壁を圧迫するためこの痛みが起こると言われている。

眼球の痛みは視神経を養う血管の収縮で、栄養が十分行かないとき起こると言われてる。

例えば午前中から痛みがあるときなど、原因の1つとして前の日の夕食をとってから朝を迎えるまでの間、絶食状態で血糖値が下がってしまうことがあげられる。

低血糖症の人は食事と食事の間があきすぎると症状が出やすいのと同じ理屈。

それを予防するためには、寝る前に温めた牛乳、ヨーグルトのような物、つまりたんぱく質系で尚かつ、胃に負担をかけないような物をとって寝るといいとされている。またサプリメントのプロティン、ビタミンB群の摂取も有効。

空腹時間をなるべく空けないことも大事

こちらもご覧ください

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする