血糖調節異常=低血糖症の人はストレスを受けやすい

ストレスが何かと多いこの時代。

ストレスに弱い人、意外に大丈夫な人、様々いる。低血糖症の人はストレスを受けやすい。

血糖の調節にも副腎の機能が深く関係しているが、ストレスに対応したりする機能も副腎が関わっている。

血糖値を上げたりするのにアドレナリンが分泌されることはすでに書いているが、人間はストレスを感じた時などにもアドレナリンの他にも様々なホルモンが分泌される。

低血糖症の人は頻繁な血糖の調整などで副腎が疲弊している事が多いので、ストレスがかかるとますます副腎が疲れる。疲れると副腎の機能も低下するから低血糖症状も悪化する・・と言ったように悪循環になる。

アレルギーがある人もこれは同じで、アレルギーがあるから低血糖症状が出やすかったり、低血糖症状が悪化するとアレルギーも悪化する、と言ったように相互に非常に関係がある。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする