「 ビタミン 」一覧

果物神話 健康にいい、は本当か?

果物神話 健康にいい、は本当か?

果物はお好きですか?私は桃、マンゴー・マンゴスチン・いちご辺りが好きです。 ただし、滅多に食べません。食べてもごく少量。 何故かって、果物に含まれる『果糖』という糖が炎症を引き起こしやすいことが分かっているからです。

募集中No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

募集中No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

今回はスポーツする幼稚園くらいから高校生くらいのまさに成長期のお子さんがのびのびとケガをせずにできるためのヒントを詰め込みました。 成長期のスポーツは食事と栄養に十分気を付けなければなりません。 それは「成長+スポーツ」両方に栄養が必要だからです。 そしてケガをした場合は「成長+スポーツ+ケガの修復」とより多くの栄養が必要になります。 ケガをしない工夫も大切。 成長期に気を付けなければならない事もあります。 なにをどう食べるか、どのくらい食べるか、で変わってきます。 子どものスポーツはケガが大人になっても響くようなこともあります。 途中でスポーツをするのをあきらめなければならないことも出てきます。 才能があっても体の不調でいい成績が出せない、伸びない、ということが少しでもなくなるといいな、と思います。

皆勤賞をめざして新学期の準備を!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!

新学期・新入学・新入園 新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。 病気などでお休みしないで通ってほしい。 親の願いですよね。 生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか? 具体的にどうしたらいいのか? 気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。 生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。 毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。 子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ

『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』 お申し込みはこちら...

豚汁?トン汁?栄養価ばっちりなお味噌汁!!

豚汁?トン汁?栄養価ばっちりなお味噌汁!!

昨日の夜、今年初の豚汁を作りました。 実はおかずが少ないな、とあらかじめ分かっているとき、豚汁作る率が高いことが判明しました! (笑) 昨日はお正月にちょこっと作ったおせちの煮物やお雑煮の具材が残っていたのでそれを消費するためでもありました。 だからいつもより具の種類が多いです。 朝ごはんは夜ごはんに比べるとどうしてもタンパク質が少なめ。 これの防止にもなります。 お出汁も使うのでアミノ酸もミネラルも摂れます。 野菜の食物繊維もビタミンも! 色々な食材を使うということは色々な栄養素も摂れるということ! つまり具だくさんの味噌汁(スープもね)栄養価が高いのです。 これだったらお子さんも食べてくれるかも。