「 糖尿病・糖尿病予備群 」一覧

日光に当っていますか?大事なビタミンDを作りだそう

日光に当っていますか?大事なビタミンDを作りだそう

このビタミンD、脂溶性のビタミンで私達の免疫機能に関わるビタミンでもあります。(風邪やインフルエンザの予防など) またアレルギー抑制作用・糖尿病の抑制・認知機能の維持(認知症など)・発達障害や統合失調症などの精神疾患との関係・子宮筋腫、月経困難症、不妊などの関係・ガンの予防やガンの予後などに関わっていることが分かってきました。 さらに遺伝子を調節する手助けをすることも分かっています。

子どもと甘いもの

子どもと甘いもの

暑い毎日ですね 暑いと冷たい物が食べたくなるのは自然なこと? アイスクリームやかき氷、パフェ・・ 冷たくなくても疲れたら甘いものよね!頭使ったときは甘いものよね! でもちょっと待って下さい お子さんにその量の甘い物、大丈夫ですか? 子どもの内臓はまだまだ発達途上  機能も働きも未熟なのです 砂糖などの糖分を摂った場合、当然ですが血糖値が上がります 人間の体のシステムは血液の中に増えた糖を正常にに保つために【インシュリン】というホルモンを使って上がった血糖値を下げる働きをしています ですがこの働きがうまくいくのはある程度の年齢にならないとうまく機能しません(個人差があるので一概には言えませんが) そのため糖の処理が追いつかなくなるのです