低血糖症とは?その3 

  注☆低血糖と低血糖症は違う物です

5時間糖負荷検査

低血糖症かどうかの診断方法は5時間に及ぶ糖負荷検査をします。

糖尿病などでは3時間の糖負荷検査ですが、低血糖症は5時間行います。

前夜午後9時以降、当日の朝も絶飲食。

75ccのブドウ糖液を飲み、吸収されたブドウ糖の濃度(血糖値)がどのように変化するか見る。

5時間の間、採血、採尿、検温があります。

この結果を基にDr.ニューボールドの診断基準に沿って診断します。

絶食の後、吸収の早いブドウ糖を取るので、低血糖症のある人は、

場合によって様々な症状が出ます。

(低血糖症とは その2参照)

この検査は一般の病院(大学病院含む)ではまだ行っているところは、殆どありません。

何故かというと、医師の間でも低血糖症という病気自体、知られていないのが現状だからです。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする