京都の甘い物

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誘惑てんこ盛り

去年京都に行ったときは何故か余り気にならなかったのだけれど、今回はやたらと京都独特の和菓子やおみやげ物のお菓子が目について仕方なかった。

私自身甘いものを食べないようにしている期間が去年よりは長くなっていたからなのか、そのために甘い物がいい加減恋しくなったのか?もしくは体調が気がつかないうちに悪くなっていて、甘い物が欲しいのか?不明だけれど・・・

ちょっと歩けばあっちもこっちも甘い香りと共に「これでもか」と言うほど並んでいる。そこここで食べ歩きをしている観光客・・

しかし、皆さん食べてる食べてる・・・

おみやげの袋もぶら下げて、その中身はお菓子。

私も今回久しぶりに羊羹を食べた。量的にはほんの一口分。砂糖でべたべたと甘ったるいのを覚悟していたけれど、さすがお上品な味。

あと食べた甘い物は「豆かん」。みつ豆に入ってる赤エンドウ豆があるが、豆かんはそのエンドウ豆と寒天のみで黒蜜をかけて頂く物。エンドウ豆の量が多く、小鉢にこんもり寒天と共に乗ってくるので結構な量だが、豆が美味しい。

朝からシュークリーム?

最終日、京都の在来線に乗って移動したけれど、駅の階段で何人かの高校生とすれ違った。頭は丸坊主、大きなスポーツバックを肩から提げて、これから部活動にでも行くのだろうか? すれ違いざまにぷぅーんと甘い香り・・
うんっ? と思って目をやれば全員大きなシュークリームを持っていてかぶりついている。シューの中に入っているクリームはたっぷり入っているらしく、かぶりついたそばからこぼれそうだ・・・

時間はまだ午前9時過ぎ。若い子はお腹かがすくのは分かるけれど、「男子たる物、甘い物は食べない」みたいな自分の父親を見て育った私としては、何だか違和感を覚えている。

もしかして朝ご飯の代わり? 甘い物食べていて大丈夫?などといつもながらくだらない事を考えてしまった。

京都は本当に甘味処も多いし、和菓子やさんもそこここにあり食べるチャンスは結構ありそうだ。普段京都の方々はどのくらい甘い物を食べているのだろうか?

どこに行っても甘い物のことが気になってしまう私である。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする