かゆみに禁物なのは炭水化物(糖質)・特に糖分

かゆいのは辛いです 眠れないししょっちゅう気になります・・

甘いの食べたい・・

血糖値の調整が上手くいかず、そのためのホルモン分泌の影響で体の不調や心の不調が出る低血糖症。

甘い物、炭水化物(糖質)は(特に精製されたもの)特に控えなければなりません。

最近のスイーツブームで「甘いの食べたーい」と言っている方も多いのではないでしょうか?

甘い物はもとより、アレルギーがあってしかも大好きなものに出ていると・・余計に辛そう。

かゆみには炭水化物(糖質)、特に甘い物を控える

昨日に引き続きかゆみについて・・

年明け少しばかり楽しんだおせちにはお餅などの炭水化物のもの、きんとんや煮豆、煮物に入っている砂糖(糖分)が多いです。

この炭水化物(糖質)や砂糖を代表する甘い物の糖分。

これはかゆみや肌の調子を悪くするので、アレルギー体質やアトピー性皮膚炎、乾燥肌の人は避けた方がいいもの。

砂糖などの糖分も炭水化物なわけだけれど、これらは体の中での分解にビタミンB群・ミネラルをたくさん消費します。(アルコールも糖質なので避けたほうがいいです)

このビタミンB群のなかには、炭水化物や糖の代謝に必要な物、たんぱく質の代謝に必要な物、肌の調子を整えたりする物質にごく一部の例で「ビタミンB7・ビオチン」がありますが、これらもたくさん消費してしまいます。

ビオチンはかゆみの物質、ヒスタミンの排出にも働いているので、これが足りなくなるとかゆみも増すことになります。

経験上、炭水化物をとりすぎたり、甘い物をとると肌の調子は悪化、かゆみも増す事を実感しました。

一例でビオチンの不足を上げましたけれど、悪化する原因はもっとたくさんあります。

低血糖症の改善のためにも、肌の為にも炭水化物、甘い物は控えた方が無難・・美肌を目指す人も・・・

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする