たんぱく質不足を診る!!・・血液検査の項目から4-6 TG(中性脂肪)・・基準値40-149 mg/dl

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

TG(中性脂肪)・・基準値40-149 mg/dl

中性脂肪は体にとって大切な脂質であり、体を動かす為に必要なエネルギーになると共に、いざという時のエネルギー源として蓄えておくもの。肝臓で作られるほか、食事によって摂ったものが体内に蓄えられる。

血液検査の時、前日夜から絶食して行うのは、理由の1つとして中性脂肪は食事によって変動してしまうからだ。

過剰分は皮下脂肪や肝臓、血液にどんどん蓄積されていく。中性脂肪を上げてはいけないのはこのため。

皮下脂肪に溜まれば贅肉、肝臓では脂肪肝、血液に溜まれば動脈硬化の原因になる・・・

中性脂肪は高いのも問題があるが低すぎるのも問題がある。

低いと疲れやすい、だるい、熱が作りにくくなるため体温が低くなりやすい。熱を逃がさないなどの体温調節の役割もある。

糖質の2倍を超えるエネルギーを持っていることからも、非常時に備えて蓄えておくエネルギーとも言える。このため何日か食事を摂らなくても生きながらえる仕組みだ。
また臓器を外部の刺激から守る役割も果たしているという。

テレビの食用油のCMで中性脂肪を減らすのにあたかも食用油が関係してような(油の摂りすぎ)宣伝をしているのがある。中性脂肪は確かに脂だけれど、油を食べることだけで増える物ではない。

むしろ中性脂肪が上がってしまう原因として、菓子類、果物、アルコールの摂りすぎがある。

特に精製された炭水化物(糖質)の摂りすぎ、糖類の摂りすぎでも上がってしまう。また運動によって消費されるので、運動不足でも数値が上がってしまう。

では中性脂肪を上げるにはどうしたらいいか? たんぱく質を摂ることで、中性脂肪が低い人はたんぱく質不足も原因となる。

中性脂肪の消費にはたんぱく質も不可欠なので、中性脂肪を上げるために炭水化物(糖質)や糖類を摂ってはいけない理由はここにある。

中性脂肪は最低でも100mg/dl位あると体調もよく、疲れにくい。

特に50以下の人は積極的にたんぱく質を摂りたい。一度に摂ることが難しかったら少量頻回摂ると効果的。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする