どうやってもプロテインパウダーは飲みたくない・・・

間違いなく処方される、たんぱく質

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

栄養療法でほぼ間違いなく処方されるのが「たんぱく質」吸収がいいように低分子化されている『プロティンパウダー』

栄養療法の考え方として、簡単に言ってしまうと、何らかの体調不良があった場合、人間の体の多くを構成している「たんぱく質」が足りないことで起こっている、と考える。(勿論たんぱく質不足だけではないけれど)

栄養療法を実際にクリニックなどでされている方はまず、たんぱく質不足を指摘された方も多いのではないか?

こう診断されるには、やはり60項目の血液検査が欠かせない。この検査をすると該当の項目ごとに、たんぱく質不足がちゃんと現れている・・・

観念して食事の見直しと充実、そしてプロテイィンパウダーを飲むことになる。

まずい? 飲むのが面倒? 飲みたくない?

栄養療法をしている医師から説明を受けて、「それじゃあ、仕方ない飲むか」と決心して飲み始めるものの、この『プロティンパウダー』はっきり言ってまずい、と言うのが大半の人の感想。

皆さん工夫して飲んでいらっしゃると聞く。

牛乳に混ぜる・麦茶に混ぜる・ウーロン茶に混ぜる・・・この場合、それぞれ熱い物はたんぱく質が変質してしまったり、原材料の大豆のにおいが強調されたりしてしまうので、さました物、冷たいものを使うといい。

栄養療法をする事自体、なかなか勇気がいるし、しかも一般の病院で処方された薬でも効果がなかったのに、この『プロティンパウダー』を飲むことによって良くなるのだろうか?と思ってしまうのは、ある意味当然の反応だと思う。

しかし、他に飲んでいる栄養素を十分働かせるためにも、基本となるたんぱく質は絶対はずせない。と分かったのは私自身ごく最近。

それが分かっていても、このところ飲むのをさぼっている・・・

以前私の友人で分子整合栄養医学を学ばれて栄養療法で治療をされている方々のサポートをしているのをご紹介したけれど、その友人が担当する方々の中には、「やっぱりプロティンパウダーをどうしても飲みたくない」と言ってくる、と笑ってらした。

どうしても、なんとしてでも、プロティンパウダーは飲みたくないと、色々理由や言い訳などを言ってくるのだという。

そりゃあ、プロティンだけではなくサプリメントだって飲まないですむなら私も飲みたくない。

私も今まで頑張って飲んでいたプロティンパウダーを5月くらいから飲まなくなった。でも最近、どうも調子が悪いのだ。

先日一般病院での人間ドックで受けた血液検査でも、トータルプロティンの項目がやや低かったし、一時期好転していた皮膚の状態も秋になったら悪化してきた・・そのほかも少し・・・

もう、たんぱく質不足を認めなければならない・・・

食事はしっかり意識して、多分一般の家庭よりもたんぱく質は多い、はず・・・

けれど、私の場合ストレスは多いし、例え体調に問題がない人と同じ量を摂ったとしていても、代謝も違うし、栄養状態も違うのだから・・

それと肌の再生にも沢山のたんぱく質が使われるから、足りなくなるとやっぱり悪化して当然なのだ・・・

それにもともと弱い部分に出てしまうし、完全に良くなっていたわけでもなかったので、具合が悪くなってもある意味当然なのだ。要はたんぱく質不足で「ぶり返した」と言うこと・・

やっぱり血液検査に出ている以上は、飲まないとだめだ。気持ちを入れ替えて、先日から頑張って飲んでいる。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

2月28日(木)より募集開始
WEBセミナー最新No.5
『タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!』
こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.5

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする