ガンの治療・病気の治療・・栄養の違いで効き方が違う

栄養療法で治癒力が上がる?・・治癒力をあげるために

栄養療法は一般の治療法と異なること、血液検査は保険が効かない自費であること、サプリメントは高価だということなど、保険治療になれてしまっている私達にはちょっとハードルが高い

栄養療法のメリットはいくつもあるが、体の中から栄養を整えることで持病を持っている人の薬の効きが違うというのだ。ガンの治療に関しても、放射線や化学療法(抗ガン剤)、ひいては手術後の傷の治りや体全体の回復が違うとも言う。

ご存じのように抗ガン剤の副作用は使う抗ガン剤や人によって場合によってはすさまじい副作用が出る。

栄養療法を始める前に、一時期抗ガン剤の副作用に苦しみながら逝った義母を亡くしたばかりだったので、そのすさまじさは容易に理解できた。

栄養をとらなければならないのに、食欲がなくなり食べ物のにおいがしただけで吐き気、倦怠感、時々出る微熱や高熱・・・

一例として、ガン治療をする前から栄養素を出来る限り摂取してもらうと、薬の効き方もぐんと違うし、副作用の出方も緩やかだと言う。

そのときは栄養療法自体が理解できなかったし、信じる事は出来なかったが、今は一人でも栄養の重要性を知ってもらいたくて、こうして微力ながら日々発信しているほどだ。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする