高濃度ビタミンCガン治療・・世界的権威Dr.ハニハイキ

高濃度ビタミンC静脈注射の世界的権威

・・・ロナルド・ハニハイキ博士

そもそもビタミンCの研究は、栄養療法を推進もした、ライナス・ポーリング博士が今から30年以上前に唱えて、論文を発表したが、あちこちからの非難があって日の目を見なかったものだ。彼は化学者であり医者ではなかった事も影響している。(しかし、他の功績が称えられノーベル賞をもらっている。しかも2度)

その後、Dr.リオルダンが1975年にビタミンCを使った、ガン治療などを自身が開いた国際人間機能増進センター(The Center For Improvement of Human Functioning,International別名The Brigtspot for Health) を設立し、療法についての研究と実際の点滴治療を現在も行っている。

2005年に惜しくも亡くなられたが、その後継者として遺志を継いで所長になられたのが、ロナルド・ハニハイキ博士だ。

先日このブログでご紹介した本の著者柳澤厚生氏もこのセンターを訪れハニハイキ博士に会っている。

このハニハイキ博士は、高濃度ビタミンCガン治療の講演に、実は今年2月日本を訪れていた。

各々違うビタミンCの量  ハニハイキ博士の講演会記事から

ガン治療にしても、他の病気の治療にしても人によって、微妙にビタミンCの量が違うと言うのだ。ガンのみならず、感染症やアトピー性皮膚炎やそれに伴うかゆみ、その他アレルギー疾患にも、そしてストレスにもビタミンCは有効だそうだ。

治療には血中のビタミンCの濃度が大切で、400mgが目標値だという。一般の医療の感覚ではあり得ない高濃度だそうだ。

英語のサイトのみになるが、ハニハイキ博士が所長を務める国際人間機能増進センターのウェッブサイトを記す。

センター内で行われているセミナーや講演会の生放送や、過去に撮影されたビデオ映像があるという。最新のビタミンC治療に関する情報源なので、英語が堪能な方は、是非試して頂きたい。

http://www.healthhunteronline.org

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする