たんぱく質不足を診る!!・・血液検査の項目から2-6

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基準値で上げている数値と文中の数値が違うのは、理想値を示しているため。

分子整合栄養医学ではこの数値を目標として食事療法・栄養療法を行っていく。

TP(総たんぱく質)・・基準値6.5-8.0 g/dl

総タンパク質とは、血液中に含まれる様々な種類のタンパク質の総量を示す。

アルブミン(後日説明)と同様に重要なもので、その値は大体一定で、そうそう変化するものではない。

基準値は6.5-8.0だが、7.0以下はたんぱく質不足を疑う。

値が低すぎても高すぎてもたんぱく質を補給しなければならない。

8.0以上は脱水などを疑った方がよく、値は高ければいいというものではない。

理想は7.4位。

低値で疑われる病気
–栄養不良
–肝臓病
–ネフローゼ症候群

高値
–脱水症
–慢性肝炎
–肝硬変
–悪性腫瘍
–多発性骨髄腫

TC(総コレステロール)・・基準値120-219 mg/dl

悪者にされがちだが低値は免疫力低下、血管障害、精神疾患、ホルモン合成が出来なくなる、細胞膜が弱くなる、ビタミンDの前駆体なので体内でビタミンDが作られにくくなる・・と色々な不都合が出る。

コレステロールは小腸や肝臓で作られる。

一時期、食べ物に含まれるコレステロールが血中のコレステロールを上げる、という誤った事が言われたけれど、食べた物の約5分の1程度しかコレステロールを作るのには使われない。それよりも遙かに多い量が小腸、肝臓で合成されている。

けれどコレステロールが作られるにはたんぱく質が必要で、足りないと人間の体に必要な量は作ることが出来ない。
またせっかく肝臓などで合成されたコレステロールもそれを血中を通して体に運ばれる働きをするのに、たんぱく質が足りないと、体の必要な箇所に運ばれないため、よりよく利用することが出来なくなる。

たんぱく質の不足はコレステロールが作られないだけではなく、利用も出来ない、従って体の健康を維持するのが難しくなる、と言えるのだ。

よく善玉コレステロール(HDL)とか悪玉コレステロール(LDL)と言われるが、どちらも必要不可欠で重要なものである。

低値160mg/dl以下 極度のたんぱく質不足と言われ、免疫力低下、精神疾患も出やすくなる、癌などにも罹りやすい。

最低でも200mg/dl欲しい。理想は220-240mg/dl。世界的に見て健康で長寿の人はこの位のコレステロール値の人が多いことが調査で分かっている。

コレステロールが高いことばかりがよくないようにマスメディアでもよく言われるが、低い場合はもっとたんぱく質をたべなければならない。この事をしっかり頭に入れて、食べ貯めが出来ないたんぱく質を毎日摂っていきたい。

コレステロールが低い場合、栄養療法で病態を改善しようと思ってサプリメントを飲んでいてもなかなか改善しないのはこのため。

たんぱく質がやっぱり鍵を握っている・・・

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする