腹水とアルブミン・・アルブミンの話1-2  腹水が溜まった大きなお腹

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

腹水が溜まった大きなお腹

私の母が大腸ガンから肝臓に転移したガンで亡くなったのは、もう10年前になる。

亡くなる何日か前、お腹に腹水が溜まり苦しんでいた。

これ以上溜まると他の臓器を圧迫するので、お腹に針を刺して「水」を抜いていった。

双子の臨月とでも言えるような大きなお腹だった。

水といっても体内の栄養分や体液、アルブミンを含んだものだ。

無知な素人はこの水が何なのか、どこからこんなに出てくるのか知らなかった。

水を抜いている看護師に尋ねた。「この水はアルブミンです。」アルブミンはアルブミン製剤という薬品名を聞いたりして知ってはいたが、何のことだか全く分からなかった。

一日に1リットルからせいぜい2リットルの腹水を抜くのだと言うことだった。それ以上抜くと体のバランスが崩れて生命に危険が及ぶと・・

(一日に抜く量については患者の状態による。これより多く抜くこともある)

抜いた後少しはお腹も楽になったのもつかの間、翌日にはまたふくらんでくる・・・

また抜く・・

たんぱく質不足を診る!のアルブミンの所でもご紹介したように、アルブミンが減ってしまうと生命に危険が及ぶ。

こちら https://goo.gl/gKygHm

特にガンの末期などで母のように腹水が溜まってしまったとき、腹水を抜けば抜くほどアルブミンが抜けてしまうのだ。

栄養療法を知るにつけ、アルブミン濃度が低下してしまうことがどんなに危険な事なのか・・・

そうなる前にアルブミン製剤の点滴でアルブミンを上げておくなどの処置をして体の良い状態を保っておくことも必要になる。

ガンは特に究極の栄養欠損だから、たんぱく質を補い、超貧血を補うことで少しでも進行を押さえることが出来るのだ。

抗ガン剤、放射線などの治療も大切で必要だが、体全体の栄養欠損があったのでは、それらの処置での副作用も出やすく、よりよい効果が出ない。

栄養療法で栄養を補いながらガンの治療をしていくと副作用も出にくく治療の効果が違う・・・と言うこと。

腹腔-静脈シャント術(デンバー)

腹水の事を調べていたら、腹水を抜くだけではなく、体に必要なアルブミンなどをもう一度体の中に戻すと言う方法があると紹介されていた。

アルブミンの重要さを考えたとき、腹水などで体に水が溜まったからと言って抜いてしまうのは、その後の体力低下などのリスクを考えるとジレンマに陥る所なのではないかと思う。

でも放っておくわけにはいかず、軽度なら利尿剤で尿として出す方法から始まり、お腹に針を刺して抜く方法(腹水穿刺)くらいしか知らなかったが、最近患者にとってよりよい方法があるらしく、詳しい本も出ている様なのでご紹介する。

腹腔-静脈シャント術(デンバー)と言う方法で下記のように説明されている。

局所麻酔をして、腹水のたまっている鎖骨窩静脈まで、デンバー・チューブを埋め込みます。

体の右側でも左側でもかまわないのですが、肝臓がんが生じたときに、右側ではチューブが治療の邪魔になることがあるので、私は原則として左側で行っています。チューブには逆流防止のための2連弁がついていますから、腹庄と手動式ポンプの作用によって、腹水は鎖骨窩静脈から上大静脈を通じて血液の中に戻されます。

腹 水(難治性腹水)から引用

肝臓がんと肝硬変―大丈夫。あきらめてはいけません
島村 善行

 

 

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

WEBセミナー
No.1-No.5までのお申し込みはこちらから

https://ws.formzu.net/dist/S72681087/

No.6,No.7 はこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S78736575/

各WEBセミナーのご紹介はこちらから
No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

No.6 ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

No.7☆2019「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

募集中No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」
今回はスポーツする幼稚園くらいから高校生くらいのまさに成長期のお子さんがのびのびとケガをせずにできるためのヒントを詰め込みました。
成長期のスポーツは食事と栄養に十分気を付けなければなりません。
それは「成長+スポーツ」両方に栄養が必要だからです。
そしてケガをした場合は「成長+スポーツ+ケガの修復」とより多くの栄養が必要になります。
ケガをしない工夫も大切。
成長期に気を付けなければならない事もあります。

なにをどう食べるか、どのくらい食べるか、で変わってきます。

子どものスポーツはケガが大人になっても響くようなこともあります。
途中でスポーツをするのをあきらめなければならないことも出てきます。
才能があっても体の不調でいい成績が出せない、伸びない、ということが少しでもなくなるといいな、と思います。

【今後の予定】
順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】
「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】
「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

【栄養素別コンテンツ】
第一弾配信中

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

《今後の配信予定》
☆アミノ酸について
☆ビタミンA
☆ビタミンB
☆ビタミンC
☆ビタミンD
☆ビタミンE
☆各種ミネラル
☆脂質

テーマのリクエストも受け付けています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする