感染症予防・・・免疫力を上げるには ?5-5 新聞から

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新聞から

若い芸人さんが肺結核にかかった事で、今まで知らなかった人もこの病気の事を知った事だろう。

新聞に『結核 若者に不安伝染』の見出しで記事が載った。感染したご本人は病院に入院中だけれど、この騒ぎに困惑しているのではないだろうか・・・あまりに騒ぎすぎていて何だか気の毒になっている。

「握手したけれど大丈夫か」とか「ライブ会場にいたけれど・・」と言うことで問い合わせがあるという。感染が心配な病気だけれど、必要以上に神経質になることはない。

感染してしまう病気はいくらでもあるし、こうして呼吸している何気ない空気の中にも数え切れないほどの細菌やウィルスが漂っている。

怖がる前にこれから先の事を見つめて欲しい。

繰り返しになるが栄養を十分摂ること、生活のリズムを整えること、無理をしないこと、ストレスをためないなどがあらゆる感染症から遠ざける事になる。

また矛盾しているようだが、余り神経質になりすぎて消毒や殺菌と言った事をやり過ぎると、人間の体を守っている「常在菌」さえも減らしてしまい、かえって抵抗力が落ちてしまって逆効果になってしまう。何事もほどほどにして健康に過ごしたい。

そしていつもと違う症状が続くようなら軽く考えたり自己判断で受診を伸ばさないようにしたい。もしも感染症にかかっていたとしたら、感染を拡げてしまう事になるからだ。

しつこいようだが感染症予防に栄養、とりわけたんぱく質が重要だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする