食べ放題ランチから見えてくる、日本人の食事

この頃の私のランチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のお気に入りランチは、田舎風フランス家庭料理レストランで食べるワンプレートランチ。

(誤解のないように書きますけれど、たま~ぁに行く外食ランチの事ですから・・ね・・)

度々このブログの写真にも登場している。

ワンプレートに独創的な肉料理と魚料理の両方が温野菜やパスタサラダと共に、ワンプレートで楽しめる物が気に入っている。

つまり肉と魚と両方食べられる、何とも理想的なランチなのだ。値段も手頃。

パンかライスが選べ、食後にはコーヒー・紅茶・オレンジジュースから選べる。

ボリュームもあるのでお腹は一杯。満足できるランチだ。

ブッフェスタイルが流行り

ブッフェスタイル・・つまりバイキング方式、食べ放題とも言う。

私はこれも大好き。

色々なお料理が好きなだけ何度でも食べられる。

スイーツ流行の昨今、デザートも実に充実している所が多い。

先日、久しぶりに配偶者とこのランチに・・・

イタリアンがメインで有機野菜を使用している、というこだわったお店。

ざっと見渡す・・・

あ~やっぱりね・・・

パスタやピザがあるのは納得・・・

ジャガイモを使ったり、ごはん物、バスタ以外の麺類、野菜の煮物、サラダ・・

肉は?? 魚は??

お印程度にちょっぴり。

しかも豚や牛は見あたらない。鶏肉ばかり。

魚はししゃもやキビナゴ、ワカサギなどの小魚ばかり(でもあるだけマシ、な感じ)

以前来たときより断然肉類が減った。

どうもこういうランチの全国的??な傾向のように思う。

私は低血糖症(血糖調節異常(血糖調節障害))繋がりでネット上で色々な人達と交流がある。

その方達も、食べる物を自由に選べる利点から食べ放題ランチに行くのだけれど、最近メニューが変わって「私達の食べる物がないよー」状態だと嘆いていたからだ。

ひょいと近隣のテーブルに目をやれば皆さんやっぱり炭水化物(糖質)を山盛り食べていらっしゃる。

デザートは別腹とばかり、他のお皿にすでに所狭しと確保している・・

デザートも結局、ケーキとかパイとかアイスクリーム、ゼリーなど甘い物だし、ほぼ炭水化物が多い。

ランチの内容もデザートも炭水化物・・・こりゃあ体調崩すわ・・・

食べる物が(私達にとって)ない中、肉や魚をより、もぐもぐと食べた。

甘い物を食べる事にまだ抵抗のない配偶者は、私の目を気にしながら(していないかも・・)お皿に少々盛りつけ食べていた。

私もちょっぴり誘惑に負け『自家製手作りプリン』なる物を二口食べた。

甘いかな、と心配したけれど、甘みはカラメルソースにわずかにあるだけだった。

まっ、たまにはたっぷりたんぱく質食べたあとだし・・

治療初期の人は特にだけれど、治療中の方はこういうのも食べないで下さいね。体調を崩してはいけませんから・・

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする