ママ友のおつきあいで配られるお菓子やスィーツに辟易・・・??

甘いものとのおつきあいあれこれ

今日はとっても見晴らしのいいところで人生初(たぶん)のアフタヌーンティをワタシの子どもくらい若い、すてきなお二人のママさん達と堪能して来ました


お一人は離乳食セミナーを主催して下さる方

セミナーの打ち合わせもバッチリして来ましたよ~

甘いもの、って食べると幸せに感じるので大概の方は大好き

ドーパミン、といって幸福ホルモンが出るから次々と食べたくなるものあります・・

でも甘いものは色々な体調不良&メンタル不調を起こすので要注意・・

ワタシも一度にこれだけ食べるのは10年以上振り

甘いものはたまにちょっと食べるのがいいですね
(ここでいうたまに、は1年に何度かで2-3度とかね)

今日は何年か分食べたのでしばらく食べません(笑)

これ、一人分です
ここのアフタヌーンティ  ハーブティの種類も豊富で嬉しかったです

「離乳食セミナー」の打ち合わせで

赤ちゃんの離乳期以降、赤ちゃん同士、ママ同士のお友達が出来て集まるときに問題になるのが「お菓子」や「おやつ」のこと
アフタヌーンティを頂きながらこんな話も出ました

アレルギーが出たりとか色々な理由で気をつけているママもいるけれど、離乳期が終わったばかりの2歳のお子さんでもジュースやチョコを食べている子も・・

過去の離乳食セミナーでお配りしたレジュメにこんな事を書きました
「お菓子に注意
買わない・家に置かない・もらわない

ジジ・ババ注意  ママ友注意

これって、実はとても難しくて悩ましい

「あらぁ 食べさせてないの~かわいそう」とか、かつて子育てしていた頃いわれた事もあります

「気にしすぎじゃない?」

「少しぐらい平気よ~」

「お友達の中で一人だけ食べないのは仲間はずれにされるわよ~」とかとか←これら、すべて実話

離乳期だけでなくそれから先ずっと付いて回ります・・
やっぱり主催者さんももうお一方のママも悩んでました・・

セミナーではこんな事もお話ししますよ~

【主催者さんからお聞きした事】
離乳食セミナーにお申し込みして下さった方の中には現在お一人目を妊娠中の方、これからお子さんが欲しい方、二人目以降で離乳食について学びたい方などなどがいらっしゃるそうです~

嬉しい限りです

《栄養療法カウンセラーから学ぶ鳥取離乳食セミナー》
主催は以前貧血セミナーにも参加して下さった石橋明香さん 

そして今回は大変光栄な事に鳥取の子育てコミュニティTottori Mama’sさんとの共催です

お申し込みフォームはこちら
https://goo.gl/zji4Sb

**********************************************************************

《女性の健やかな一生をサポートする 食のアドバイザー 》
プレママ&子育て中のママ達の栄養サポートもしています。 細胞レベルから健康に!!
分子整合栄養医学健康指導士・ 血液栄養診断士 ふじもとひろみ

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする