愛知の離乳食セミナーまであと1ヶ月!なぜ私が離乳期にこだわるのか?

『誰も教えてくれない、本当の離乳食の話』in愛知 7月14日

座学+デモンストレーションの離乳食セミナーも今回で3回目。気がつけば開催までちょうど1ヶ月。

お申し込みはこちら https://goo.gl/U8hY9o

なぜ、私が離乳食セミナーにこだわるのか?

離乳期がその後のお食事の基礎になるからです。

月齢が進めばどの赤ちゃん、お子さんもお食事は出来るようになります。

小学校にはいってもまだゴックン期、って事がないように誰でも食べられるようになります。

離乳期は長い人生の中でほんの1-2年。長くても3年。

それが終われば食事は終わりではなく当然生きている間ずっと続くわけです。

離乳期が完了してからの方が私は重要だと思っていて、その後の成長や生涯にわたる健康維持だけでなく食事の楽しみ、喜びなどもずっと関わってきます。

離乳期はみなさん、結構必死にというか一生懸命取り組む方も多いのです。

だけれど、いったん何でも食べられるようになると実は結構いい加減になったりします。

今の世の中、ジャンクなものも添加物だらけのものも24時間いつでもどこでも好きなだけ食べられる世の中です。

そんな中で何をどう選択していくことが正しいのか、とか健康維持に繋がるのか、というのはやはりちょっとした知識や工夫が必要です。

なぜそれが大事なのか?

離乳期のお食事は成長期に繋がるからです。

実は子育てするお母さん達自身の食生活も充実させて欲しい

産後のお母さんは体も大きく傷ついています。
出産の諸々の傷や身体的・精神的ダメージは交通事故に遭ったくらい、といわれています。

それだけ出産は大きな「偉業」なのです。

ですが、産後はご自分の体の修復に十分な食事を摂ることが出来ず、子育てや家事に追われてしまうお母さんも多いのです。

体の回復にもメンタルの維持(産後うつなどの予防)にはやはり適切な栄養が必要です。

私達は口から食べた栄養で出来ているのを忘れてはいけません。

時間がないから面倒だから、作れないから、といい加減な食事や食事を抜いて食べなかったりすることがどれだけ危険かも知って欲しいです。

それが自分の事にとどまらず赤ちゃんの健康にも繋がるということをしっかりと自覚していただいてご自分の食事にも意識を向けて欲しいのです。

そんな思いの詰まった離乳食セミナー

『誰も教えてくれない、本当の離乳食の話』in愛知 7月14日

前回よりも座学ではお子さんの歯のこと、歯の成長や発達と離乳食の関係や口腔ケアについてを盛り込んでいます。
食べることは口の中の環境が整っていないとうまくいきませんからとても大事です。

お子さんの口の中、時々のぞいてチェックしてくださいね。

そしてデモンストレーションでは前回よりこちらもバージョンアップして、粉ミルクを使った離乳食作りを提案します。

場所は愛知県・名古屋から15分くらいの所で開催です。

アクセスもいいところですので離乳期前後の親子さんだけでなく、保育関係者や医療関係者の方々にも是非聴いて頂きたいセミナーです。

お申し込みお待ちしています。

【お知らせ】

【プチ勉強会&お茶会のお知らせ】大阪初開催!

《細胞レベルから元気に美しくなるって?分子栄養学?栄養療法って》

分子栄養って聞き慣れないし、難しそう・・

栄養療法って、食事療法とどう違うの?

詳しい血液検査で体の状態が分かるって言うけれど、人間ドックとどう違うの?

栄養療法ってどんなメリット&デメリットがあるの??

そんな疑問にお答えしつつ楽しくワイワイお茶会です。
お時間の都合がつく方、是非おいで下さい。

お申し込みは下のお問い合わせフォームからお願いします。

《日時》  6月18日(月) 午後15時30分から約1時間程度

《場所》 大阪駅周辺のカフェなどを予定しています

参加者の方にお知らせします
※カフェ等での飲食代はご負担ください

《募集人数》 4名

《参加費用》 3000円 (事前にお振り込み)

簡単なレジュメ付き

❤筆記用具をお持ちください

【Web版  離乳食セミナーin東京 募集中】

何度でも視聴可能 私が担当した座学部分とやもりなおみさんが担当したデモンストレーション部分(実際に作っているところ、使う食材、コツ、大人用のお食事へのリメイクなど)です それぞれレジュメ付き

Facebookの秘密のグループで質問し放題

もう20人以上の方に受講していただいています

Webセミナーのお申し込みはこちら https://goo.gl/9ZGxEs

【個別コンサル募集中】
・お子さんの成長や発達についてのお悩み

・離乳食のお悩み

・妊活について  妊娠前後の栄養相談など

・体の不調についてのお悩み
※まずは下のお問い合わせフォームからご相談ください

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする