さて、クリスマスケーキはどうする?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA エンドウマメ

今日はクリスマスケーキの事を少し

やっぱり食べたい ??クリスマスケーキ?

私自身のアトピー性皮膚炎悪化で、甘い物、炭水化物(糖質)の多い物そして和菓子、洋菓子も極力食べなくなった。

ケーキも例外ではなく、以前は誕生日とクリスマスには必ず食べていたし、出掛けた時コーヒーと共に食べたり、時々買って食べたりしていた。

お菓子類に使っている砂糖も駄目なわけだけれど、真っ白い精製された小麦粉を使っているので食べられない。

手作りにすれば小麦粉も全粒粉を使ったり出来るかも知れないけれど、風味も食感も変わってしまうだろう。味わい深くて私は好きですが・・

市販のケーキを食べるのはやはり止めた方が無難だと思う。

低血糖症や私のような人で、久しぶりだから、ちょっとだから、体調がいいからと食べてしまって、具合が悪くなり、精神錯乱を起こしたり、体調が悪くなったりした人は結構いる。

手作りケーキは慎重に

どうしてもという方は、自己責任になるけれど、手作りで低血糖症の症状が出にくい素材を使って作ってみるのも一案かも知れないけれど、お勧めしているわけではないのでご了承を・・

手作り≠安心 違いますから

小麦粉は全粒粉、砂糖は使わず血糖値を上げないとされている、人工甘味料などを使うのもいいかも知れない。蜂蜜やメープルシロップ類は、ぶどう糖が添加されている物も多いし、血糖値は意外に上がりやすい・・・

デコレーションに使われる、チョコレートにも、砂糖やカフェインが入っているので注意が必要。

精製されてる砂糖よりはミネラルも入っていて、血糖値も上げにくいとされている砂糖類も(上げにくいだけであって、人によって、体調によって上げるのは確か)慎重に使うことをお勧めする。

特に体調が悪い、体調に波がある、治療を始めて間もないなどは要注意。

食べないのが鉄則と言うことを肝に銘じたい。食べても空腹時を避けてごく少量とか・・・

辛いかも知れないけれど、食べた後の体調不良はなかなか元に戻らない。
低血糖症の方々や我が身で実証済みだ。

ご用心・・・

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする