脳と栄養のシンポジウム-江部康二先生編6-10脳のエネルギー源は?

掲載については溝口クリニックよりご許可を頂いています。

~一部・または全部における引用・無断転載をお断りします~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脳はブドウ糖しか利用できないか?

以前テレビで「砂糖は脳のエネルギー」というCMをやっていたとこのブログで何度か書いたけれど、本当に脳には砂糖は必要ないのか? と思っている方もいらっしゃるだろう。(こういういい加減な事をエライ先生方が言っているのは、怒りさえ感じる。)

脳が使えるエネルギーは「ブドウ糖だけ」と言うのは定説だからだ。

間違っていけないのは、だから砂糖を摂らないとだめだ、と言うことではない。

また、ブドウ糖そのものを口から摂ることでもない。これは血糖値の面からも危険なのでやっている人はすぐに止めるべき。

江部先生が勧めていらっしゃる糖質制限食では「脳に大切なブドウ糖が摂れないじゃないかー」と疑問に思う方もいらっしゃるだろう。

炭水化物は(糖質)摂取した100%すべてがブドウ糖に変わる。

しかも比較的早く糖質からブドウ糖に変わるので、すぐにエネルギーとして体にも脳にも使われるには都合がいいのは確かだ。

以外に知られていそうで知られていないのは、たんぱく質も脂質も糖質に変わり、ブドウ糖になると言うこと。ブドウ糖に変わる割合はぐっと少なかったり時間がかかったりするけれど、たんぱく質で50%脂肪で10%が変わる。

ブドウ糖に変わる時間もかかるけれど、実はブドウ糖として長い時間利用できるのも事実で、炭水化物が早い物で15分位。大体約1時間半から2時間弱で血糖に変化し、たんぱく質は約2時間から数時間で変化。脂肪は数時間から10数時間かかる。

私の知り合いで「ご飯やパンなどを食べないなんて(ブドウ糖が摂れないから)死んじゃう」と言った人がいたけれど、このようにたんぱく質も脂肪(脂質)も時間はかかるけれどちゃんと体にも脳にも利用できる血糖に変わってくれる。

しかも「脳はブドウ糖しか利用できない」と言うのは間違いで「ケトン体」と言うものを利用しているのだという。

脳のブドウ糖が枯渇しても「ケトン体はなんぼでも利用できる」と江部先生は何度も力説していらした。

ケトン体に関してネットで調べても有害であるとか、糖尿病患者のことばかり出て来て有用な情報はなかなか得られなかった。いまいち理解していない私だけれど、江部先生が示して下さった資料を引用する。

生理的ケトン体上昇
・心筋、骨格筋、腎臓などで種々の器官で日常的にエネルギー源としてケトン体を利用。
・断食や糖質制限食で「脂肪酸ーケトン体」エネルギーシステムが活発化した時ケトン体は生理的に上昇する。
妊婦にも安全
・インスリン作用は血糖値は正常。
・糖尿患者では、正常或いは軽度高値。

「脳と栄養のシンポジウム」抄録から一部引用

江部先生は次のようにも話して下さった。
「人間は飢餓状態、何日も食べられないときでも理論上は1ヵ月とか2ヵ月近くまで生き延びる事が出来るのは、このケトン体を利用しているから。脳がブドウ糖しか利用出来なければ、すぐに死んでしまうことになる。脳もケトン体をなんぼでも利用できる」

糖質制限食はメタボや生活習慣病にも有効

さらに江部先生は、
「国はメタボや生活習慣病を減らそうと色々試みているけれど、効果は余り上がっていない。私が勧める糖質制限食は代謝も血流もすべてに良い効果があるので予防と治療に最適」

「こんな事言ったら製薬会社などから恨まれてしまうかも知れない」とジョークを飛ばしていらした。

糖質を制限することは人間本来の人体システムの理にかなっているので、無理なく減量も、血糖値のコントロールも出来るのだ。

一般的に指導される糖尿病食は糖質の割合が実に60%を占める。一方江部先生が勧める糖質制限食は、たんぱく質と脂質が多く、これが血糖値を上げにくい。

この食事は血糖調節異常(低血糖症)の人にも大いに役に立つ食べ方なので実行して欲しい。

最後に糖質制限食の事を書いた江部先生の本を紹介したい。

http://amzn.to/2BlncUN
Kindle版
http://amzn.to/2BoBmos

http://amzn.to/2kswrs4

最新刊
http://amzn.to/2BnI3XX

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする