ごはんを食べないという選択・『ごはん』の量について3-5

ごはんの量

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大概の家庭は白米だろう。中には健康志向で玄米。ちょっと前に流行ったと聞いている発芽玄米の家庭もあるだろう。

以前にも書いたけれど、甘みが強く粘りがあるような「美味しい」と言われているブランド米。ササニシキとかコシヒカリとか・・・このような米はやはり米の中でもどうも血糖値を上げやすいようだ。

日本人の主食とはいえ、以前よりはその消費量が大分減っていわゆる「米離れ」が言われて久しい、と時々聞く。

血糖調節異常(血糖調節障害)の治療を専門医の元で始める時、「炭水化物(糖質)を減らす事」を言われると先日書いた。

もちろんお米もその対象。

・ごはんは食べないようにいわれる人

・なるべく食べないようにいわれる人

・食べるなら玄米に、といわれる人

・玄米でも控えるようにいわれる人

医師によって、また患者の状態によって全く異なる。

けれど目指す共通の事は、炭水化物を食べる事によって変動する血糖値の幅を緩やかにするのが目的。

私の個人的な考え・感想だけれど、血糖値を上げないための「玄米信仰」みたいな物はちょっと疑問な部分もある。

玄米は噛むのに時間が掛かる。回数噛まないとならないから、血糖調節異常(血糖調節障害)の人に多い、顎関節症の人には負担が掛かる。

また消化が白米に比べると悪いので、胃の状態がしっかりしている人でないと、結局消化不良や吸収が悪かったりしてこれまた胃と体に負担が掛かってしまう。

胃の状態・・・胃酸が十分出ているか、その濃度、胃の粘膜の状態も考慮すると、不向きな人も・・・

貧血がひどい人は、せっかく摂ったヘム鉄が排出されやすくなったりもする・・・・

玄米がいいからと食べ始めて、体に負担が掛かるときは是非主治医に相談すべき。

ここで大切なのは玄米であろうと、玄米入り、雑穀、我が家のように胚芽米+麦+発芽玄米のようなブレンドとしても、今まで通りの分量は食べないことが必要だと思っている。

今まで食べていた炭水化物の量を一気に減らすのも非常に大変だし、それだけでストレスが増してしまう。少しずつ減らすのも一案だけれど、「○○にしたから、今まで通り食べても大丈夫。」は別問題で危険。

『あえて食べるなら、血糖値を上げにくい未精製の炭水化物を食べてもいい』のであって、今まで通りは勿論、今以上に食べないで欲しい。

我慢のしどころだ。

これがごはんになると頭の切り替えが非常に難しい。

日本人はご飯を主食にして日々食べて来たから、ご飯を少し、または食べないなんて選択はあり得ない位の「常識」が身についているからだ。

未精製であろうと私はご飯茶碗にかなり多くても半分でいいと思っているし、それ以下でも・・・勿論食べない選択も有り・・

なかなか症状が落ち着かない、と言う人は炭水化物の量も見直すべきだ。何回も書くけれど油断して今までと同じ量を食べないようにしたい。

血糖値を安定しやすくすることと、インシュリンの節約、ご飯を減らす事で他のたんぱく質のおかず量を増やして欲しいからだ。

ただ、これらの事は食べる量も含めて主治医に是非相談して欲しい。何故なら人によって食べていい量が違うからだ。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする