ごはんを食べないという選択・『ごはん』の量について3-5

ごはんの量

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大概の家庭は白米だろう。中には健康志向で玄米。ちょっと前に流行ったと聞いている発芽玄米の家庭もあるだろう。

以前にも書いたけれど、甘みが強く粘りがあるような「美味しい」と言われているブランド米。ササニシキとかコシヒカリとか・・・このような米はやはり米の中でもどうも血糖値を上げやすいようだ。

日本人の主食とはいえ、以前よりはその消費量が大分減っていわゆる「米離れ」が言われて久しい、と時々聞く。

血糖調節異常(血糖調節障害)の治療を専門医の元で始める時、「炭水化物(糖質)を減らす事」を言われると先日書いた。

もちろんお米もその対象。

・ごはんは食べないようにいわれる人

・なるべく食べないようにいわれる人

・食べるなら玄米に、といわれる人

・玄米でも控えるようにいわれる人

医師によって、また患者の状態によって全く異なる。

けれど目指す共通の事は、炭水化物を食べる事によって変動する血糖値の幅を緩やかにするのが目的。

私の個人的な考え・感想だけれど、血糖値を上げないための「玄米信仰」みたいな物はちょっと疑問な部分もある。

玄米は噛むのに時間が掛かる。回数噛まないとならないから、血糖調節異常(血糖調節障害)の人に多い、顎関節症の人には負担が掛かる。

また消化が白米に比べると悪いので、胃の状態がしっかりしている人でないと、結局消化不良や吸収が悪かったりしてこれまた胃と体に負担が掛かってしまう。

胃の状態・・・胃酸が十分出ているか、その濃度、胃の粘膜の状態も考慮すると、不向きな人も・・・

貧血がひどい人は、せっかく摂ったヘム鉄が排出されやすくなったりもする・・・・

玄米がいいからと食べ始めて、体に負担が掛かるときは是非主治医に相談すべき。

ここで大切なのは玄米であろうと、玄米入り、雑穀、我が家のように胚芽米+麦+発芽玄米のようなブレンドとしても、今まで通りの分量は食べないことが必要だと思っている。

今まで食べていた炭水化物の量を一気に減らすのも非常に大変だし、それだけでストレスが増してしまう。少しずつ減らすのも一案だけれど、「○○にしたから、今まで通り食べても大丈夫。」は別問題で危険。

『あえて食べるなら、血糖値を上げにくい未精製の炭水化物を食べてもいい』のであって、今まで通りは勿論、今以上に食べないで欲しい。

我慢のしどころだ。

これがごはんになると頭の切り替えが非常に難しい。

日本人はご飯を主食にして日々食べて来たから、ご飯を少し、または食べないなんて選択はあり得ない位の「常識」が身についているからだ。

未精製であろうと私はご飯茶碗にかなり多くても半分でいいと思っているし、それ以下でも・・・勿論食べない選択も有り・・

なかなか症状が落ち着かない、と言う人は炭水化物の量も見直すべきだ。何回も書くけれど油断して今までと同じ量を食べないようにしたい。

血糖値を安定しやすくすることと、インシュリンの節約、ご飯を減らす事で他のたんぱく質のおかず量を増やして欲しいからだ。

ただ、これらの事は食べる量も含めて主治医に是非相談して欲しい。何故なら人によって食べていい量が違うからだ。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする