ごはんを食べないという選択・受け止め方4-5 白米を止める。ごはんを減らす。を受け入れられるか??

OLYMPUS DIGITAL CAMERAコリアンダー(パクチョイ・パクチー・)

白米を止める。ごはんを減らす。を受け入れられるか??

私が今までずっと食べて来た白米を(正確には白米のみを食べなくなって)食べなくなってから、かれこれ3年位だろうか。きっかけは私や家族が血糖調節異常(血糖調節障害)=低血糖症と診断されてしばらく経ってからだった。

・白米を止める

・ごはんの食べる回数と量を減らす

と言うこの2点を栄養指導の管理栄養士から話を聴いたとき、最初は非常に戸惑った。

へっ?何?? 白米止める??ごはん減らす??

こんなコトして栄養が摂れるのだろうか??

なんて事がアタマを巡った・・・

今考えると笑ってしまう。

本当に必要な体の栄養は?

人間の体に一番必要なたんぱく質をろくに食べさせていなかったことこそが大問題だったのに、白米を止めるとかごはんの食べるのを減らす・・・と聴いたら、この反応をしていた私だった。

もっと言えば病気の本人も他の家族も同様の反応だった。

多分みなさんも同様なのではないか?

それだけ日本人とは切っても切れない米であり『ごはん』なのだ。

このごはんが食べ方によって心身の健康さえも損なってしまうという食材と言うのを残念ながら知らなければならない。

・白米は食べない

・ごはんは少しか、または食べない

・食事の時に一口目からしばらくはおかずや汁物などを食べ、一口目からごはんから食べない

これらも大切。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする