肉ばっかり食べているとガンになる?配偶者に告ぐ!!3-6 どっちが本当?

食べるなら霜降りより赤身肉を!

 

どっちが本当?

配偶者はその昔、今は亡き母親に(つまり私にとっては姑)「肉ばっかり食べているとガンになるってテレビで言っていた。」といわれ、今までかたくなに信じていたらしい。(いや、私もそうでしたが・・)

しかもガンになるだけではくて「体に悪い、寿命が短くなる」ともいわれたらしい。

もちろん、肉に限らず「ばっかり食べ」が体にいいわけではないのは、皆さん納得するところ。

結婚した当時の私の料理は、今ほどではないが割に肉食が多かったのです。

魚は高価だったことや料理の腕がそれなりだったので、今ほど食べていませんでした。

ある日の晩ごはんの献立に、例えばハンバーグに肉の入った具だくさんのスープ、肉が入っている煮物・・と、当時配偶者に「何にでも肉を入れる」など不評でした。

ある日、もともと肌が弱め(この時点で栄養上問題有りだったのけれど)の配偶者に皮膚のトラブルがでたのです。そうしたら肌の不調を何と「肉が多い食事だからだ」と言ってきました。

「肉や魚は年を取るに従って減らすべきだって聞いたことない?」という・・

う~ん。そうかも知れぬ・・・。

それから少しずつ肉を減らし、子どもが産まれてもほとんど菜食に近い食事をしていました。

 

姑がいっていた「肉ばっかり食べていると・・・」というのは、そういわれた頃から推測してどうも「マクガバンレポート」がアメリカで発表された頃だったようです。

当時のアメリカ人の食生活は肉食が多いだけでなく、砂糖や油も半端でない量を摂っていたから比較にならないんですけれど。

半端でない量を摂っていたアメリカの場合と当時の(今から40年くらい前)日本の食事を比べて、日本人の肉の摂取量を減らすというのはあまりに無謀・・

日本人は当時タンパク質が過剰だったということもないし・・

たぶんニュースや新聞などのメディアでアメリカの情報をそのまま伝えたのでしょう。

 

我が家の菜食生活が子どもの成長を鈍くし、精神的にも不安定にさせてしまい私も体に不調が出だし・・・。

 

まあ、肉を減らしただけがこのような結果になったのではないのですが・・・。

 

そしてこの肉を減らして野菜中心、野菜たっぷりの食事が良くなかったと分かったのはつい3年前。

今では配偶者の方が、私に対してだけれど(自分は足りていると思っているらしい)「たんぱく質足りない人はもっと食べて」とか「おかずそれぞれに肉が入っていても文句言わないでしょ」というようになったのはいいのか悪いのか?

 

で、肉を摂ることとガンの関係は??

配偶者はこれでいいのか、と思いながらも少しは疑っていそうである。

肉は悪くない!!

ガンになる理由は別にあるらしい事が分かってきました。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする