ガンを恐れるよりたんぱく質をもっと!!配偶者に告ぐ !!4-6 ガン家系だから、心配・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA コーヒーの実

ガン家系だから、心配・・・。

配偶者の家族は、両親や祖父などガンで亡くなっている。

結婚当初から「うちはガン家系だから」と言っていた。

今やガンは国民の4人に一人とも2人に一人とも言われている。

4人家族だったら、一人かまたは二人がガンに罹ってしまうかもしれない計算だ。

配偶者は自分の家系が罹った一部のガンは遺伝だと思っている。

確かに遺伝性のガンもあるようだし、以前にも書いたけれど生活全般特に食生活などが家族の場合似たり寄ったりの事から、罹りやすい状態ではあるかも知れない。

例え遺伝性のガンがあろうとも(これには両論あるし、ガンの種類によっては遺伝しやすいものもあるというが・・)十分予防できるし、罹るまでに見直すべき事は沢山ある。

ああ・・やっぱり・・・

配偶者が恐れている、遺伝するかも知れないと思っているガンの種類に親戚の人が罹ってしまった。

「ああ・・やっぱり・・遺伝するんだよね・・」と少々落ち込んでいる。

遺伝を怖がるより食事をやっぱりちゃんとしないとね・・・と私。

それに飲酒はガンの発症確率が飲まない人の3倍から4倍だって言うから、ガンになりたくないなら減らすべきだと思うけれど。

ガンに罹ってしまった親戚は結構飲む人。毎日は飲まないらしいけれどお酒大好き。結構強い。

アルコールはビタミンB1・ビタミンCを大量に消費することが分かっている。粘膜や細胞を傷つける・・・活性酸素も大量に発生させる・・・などなど。いいことは余り無い。

これにたばこが加わるともっと条件は悪くなり、発症率はもっと上がる。

ガン細胞を抑制し免疫を上げるのにもやっぱりしっかりした食事が必要ですぞ!!

ガンは究極の栄養欠損、たんぱく質不足から発症する・・・。

もう少し、お酒を減らすことも大切ですぞ!!

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする