脚気の予防でしかない栄養所要量・・ビタミンB群(ビタミンB1) 1- 脚気の予防レベルでしかない、厚労省の栄養所要量

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脚気の予防レベルでしかない、厚労省の栄養所要量

国民の健康を維持する目的で厚労省が栄養をどれだけ摂ったらいいかの目安を定めている。つまり健康な人が必要な栄養はどのくらいかを示している。

つまり病気の人はどのくらい摂ればいいのかではない、ということ。

しかも何度か書いているように、病気にならない最低限のレベルしか定められていない、ということ。

だから厚労省が定めているそれぞれの栄養所要量を守っていても病気の人は健康になれないし、少しでも下回ったら病気になってしまうレベルでしかないということ。(栄養療法におけるドーズレスポンスではないということ)

ドーズレスポンスというのは、摂取する栄養素が一定レベルを超えないと効果が出てこない量、という意味。人によってその適切な量は異なる。

ビタミンCに限って言えば実に厚労省の定めている100倍以上を投与し始めて初めて効果が出てくる人もいると言う事。

(現在の厚労省が定めているビタミンC一日の所要量は100mg)

脚気の予防にビタミンB1は1mgで足りる

江戸煩いというのをご存じだろうか。

江戸時代に参勤交代で武士が江戸に滞在中、奇妙な原因不明の病に冒され、死ぬ者も出ていた。

けれどお勤めを終え、故郷に帰るとその奇妙な病気はぴたりと治ってしまった・・・篤姫の夫、徳川家定も江戸煩いで急死している。

江戸煩い、これは今で言う『脚気』のことで、江戸ではその頃、限られた裕福な階層では白米を食べ出していた。
白米、つまりビタミンB1不足で脚気になった。

脚気と言う病気は死に至る病でもあることから、後に脚気を予防するための研究や対策をし、ビタミンB1をどれだけ摂ったらいいかを国民に知らせて来た。

これがいつから言われ出したのかなどは私は調べていないのではっきりしたことは言えないが、かなり昔だったことだけは確かだ。

その脚気予防だけのために定められたビタミンB1の所要量を今現在もずっと厚労省は言っているのだ。

脚気を予防するのに必要な所要量はたったの1mg。

ビタミンB1のみならずビタミンB群は色々な代謝にも必要だし、色々な病態にも不足が関わっていることが分かってきている。

特に脚気以外の病気の人が治療の為に必要とする量は当然1mgでは足りない。

血糖調節異常(低血糖症)の人はビタミンB群が特に足りない事があり処方される人も多いと思うが、ビタミンB1レベルで一日に150mg以上処方されている人もいるはずだ。

実に厚労省が定めている栄養所要量の150倍。

この大量とも言えるビタミンB1を摂ることが病気の治療レベルで、『ドーズレスポンス』といわれるものだ。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

3月24日(日)より募集開始
最新 No.6ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.6

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.6ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする