脚気の予防でしかない栄養所要量・・ビタミンB群(ビタミンB1) 1- 脚気の予防レベルでしかない、厚労省の栄養所要量

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脚気の予防レベルでしかない、厚労省の栄養所要量

国民の健康を維持する目的で厚労省が栄養をどれだけ摂ったらいいかの目安を定めている。つまり健康な人が必要な栄養はどのくらいかを示している。

つまり病気の人はどのくらい摂ればいいのかではない、ということ。

しかも何度か書いているように、病気にならない最低限のレベルしか定められていない、ということ。

だから厚労省が定めているそれぞれの栄養所要量を守っていても病気の人は健康になれないし、少しでも下回ったら病気になってしまうレベルでしかないということ。(栄養療法におけるドーズレスポンスではないということ)

ドーズレスポンスというのは、摂取する栄養素が一定レベルを超えないと効果が出てこない量、という意味。人によってその適切な量は異なる。

ビタミンCに限って言えば実に厚労省の定めている100倍以上を投与し始めて初めて効果が出てくる人もいると言う事。

(現在の厚労省が定めているビタミンC一日の所要量は100mg)

脚気の予防にビタミンB1は1mgで足りる

江戸煩いというのをご存じだろうか。

江戸時代に参勤交代で武士が江戸に滞在中、奇妙な原因不明の病に冒され、死ぬ者も出ていた。

けれどお勤めを終え、故郷に帰るとその奇妙な病気はぴたりと治ってしまった・・・篤姫の夫、徳川家定も江戸煩いで急死している。

江戸煩い、これは今で言う『脚気』のことで、江戸ではその頃、限られた裕福な階層では白米を食べ出していた。
白米、つまりビタミンB1不足で脚気になった。

脚気と言う病気は死に至る病でもあることから、後に脚気を予防するための研究や対策をし、ビタミンB1をどれだけ摂ったらいいかを国民に知らせて来た。

これがいつから言われ出したのかなどは私は調べていないのではっきりしたことは言えないが、かなり昔だったことだけは確かだ。

その脚気予防だけのために定められたビタミンB1の所要量を今現在もずっと厚労省は言っているのだ。

脚気を予防するのに必要な所要量はたったの1mg。

ビタミンB1のみならずビタミンB群は色々な代謝にも必要だし、色々な病態にも不足が関わっていることが分かってきている。

特に脚気以外の病気の人が治療の為に必要とする量は当然1mgでは足りない。

血糖調節異常(低血糖症)の人はビタミンB群が特に足りない事があり処方される人も多いと思うが、ビタミンB1レベルで一日に150mg以上処方されている人もいるはずだ。

実に厚労省が定めている栄養所要量の150倍。

この大量とも言えるビタミンB1を摂ることが病気の治療レベルで、『ドーズレスポンス』といわれるものだ。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする