たんぱく質を摂ることに慣れたら、プロティンスコアも気にしてみる4-

せっかくだからお勉強・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれのアミノ酸について勉強してみた。

必須アミノ酸の上から書いていく・・(1月19日・おさらい・参照)

  • バリン
    • 筋肉たんぱく質の主成分。
    • 成長に関係する。
    • 血液中の窒素バランスの調整。
    • 肝機能の向上に関与。
  • イソロイシン
    • 筋肉タンパク質の主成分。
    • 成長促進に関係する。
    • 神経機能の補助。
    • 肝機能の向上に関与。
  • ロイシン
    • 筋肉たんぱく質の主成分。
    • 肝機能の向上に関与。
    • 肝機能を増強する。(肝細胞の増殖・分化の正常化)
    • 血糖のコントロールに関係する。
    • たんぱく質生合成を促進する。
    • 筋たんぱく質の維持。筋肉グリコーゲンの合成・
    • 酵素活性の促進。

バリン・イソロイシン・ロイシン この3つはBCAAとも呼ばれている。

BCAA=Branched Chain Amino Acids・分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸

体の必須アミノ酸の約40%を占めるもので、唯一筋肉にまず始めに取り込まれて代謝される。スポーツをする人がBCAAのサプリメントを飲むのが流行?のようになったので、名前だけでもご存じの方も多いはず。筋肉のエネルギーになるので利用しているアスリートも多いらしい。

筋肉増強にも働くので、アスリートは勿論ダイエットにも利用する人もいるらしい。以前にも書いたけれど、ダイエットにはたんぱく質を十分摂らないと成功しない訳は、たんぱく質を摂らないと基礎代謝が落ちるだけでなく、筋肉が作られないと、ダイエットの主な目的である、脂肪を減らして(筋肉を増やす事で体重を落とす)・・と言うのが実現出来ないからだ。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする