グルタミンの重要性 非必須アミノ酸のグルタミン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「グルタミン」や「グルタミン酸」を調味料の「グルタミン酸ナトリウム」と混同しないように。

『たんぱく質を摂ることに慣れたら、プロティンスコアも気にしてみる』の所の非必須アミノ酸でグルタミンについて書いた。

このグルタミンは人間にとって重要な働きをする栄養素なので、私の分かった範囲で少し書いていく。

重要な働きをする栄養素でありながら「非必須」となっている。誤解のないように書くけれど、非必須だから大して必要ない物、摂らなくてもいい物ではない。現在では誤解のないように『準必須アミノ酸』と言われている。

どうして非必須というカテゴリーに入ったかと言うと、人間の体の中で合成が出来るからだ。だから昔は足りなくなることはない、と言うような考え方だったけれど、今はその時よりグルタミンの色々な働きや重要性が分かってきたので、体内で合成されるだけではなく、食事からも十分摂ることが大切だと言われている栄養素なのだ。

グルタミンは人間の体の中で最も多く存在するアミノ酸として知られていて、主に骨格筋と言う筋肉の中に多く存在している。そしてあらゆる器官からグルタミンが放出され利用されている。

筋肉の中に存在していることから、運動のし過ぎで筋肉の修復が追いつかなくなると筋肉そのものを壊してグルタミンを使ってしまう。そうなると筋力増強どころか逆に筋肉が痩せてしまう事にもなりかねない・・

筋肉中のグルタミンか減ってしまうと、体内の他で使われなければならないグルタミンが不足して不具合が出てしまうのだ。

また子どもはまだ体内で十分なグルタミンを生成出来ないので、食事から十分に摂れないときはサプリメントでの補給を考えた方がいい場合もある。特に激しい運動を毎日やっている子どもは不足がちになるのでしっかり食事を摂ることが重要になってくる。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする