何故新生児がフェリチン高値なのか? 貧血を考える16-成長に関わる鉄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 春の準備・ムスカリ

成長に関わる鉄

何度か書いているけれど、栄養素の鉄は成長にはなくてはならないものだ。

昨日「赤ちゃん」のフェリチン値を書いたけれど、生まれた時にすでに新生児は110(ng/ml)と言う高値を持って出て来る。

これは生後のまさに著しい成長に備えて必要な分を持っている・・・。と言うこと・・・。

母胎から必要な鉄を胎盤を通してもらっているのだ。だから大概妊娠した女性は急激に貧血になる。ヘモグロビン値も減るが、実は貯蔵鉄であるフェリチンも減っている。

私が知っている範囲だけれど、今現在日本の医療機関で妊婦にフェリチン値までは測定していないだろう。

胎児は母胎がド貧血になろうと生後の成長に必要な鉄をもらって蓄えておく。

赤ちゃんは生後めざましい成長をするのはご存じの通り。あくまでも平均・目安なので新米ママさんは一喜一憂しないように・・

出生時身長約50㎝体重約3Kgとして、

生後約3ヵ月から4ヵ月で身長60㎝・体重約6Kg前後。

1歳前後で75㎝・約9Kg前後となる。

実に約3ヵ月から4ヵ月で身長は約10㎝伸び・体重は約2倍。

1歳前後には身長1.5倍、体重は3倍になる。

人生で一番成長するのはこの時期と言われるのがお分かりだろう。次のめざましい成長時期は思春期。

だから成長にとりあえず必要な鉄はしっかり母胎からもらって蓄えて使っていく訳だ。

新生児の時期に110あったフェリチンが生後6ヵ月で激減して一桁の5になっているのは、上記の理由からと言うのがよく分かる。

6ヵ月経った以降の赤ちゃんは成長のための鉄はどこから得るか?

母乳もそろそろ栄養が減ってくる時期だし、もともと母乳には成長を助けるだけの鉄は含まれていない。

人工ミルクにヘム鉄が添加されればいいなぁ、と思っているけれど、今時のミルクはどうなのか今度調べてみたい。

6ヵ月を過ぎる頃からは、これも赤ちゃんの状態によるのだけれど、「離乳食」が始まる。

少しずつ食べられるように練習しながら、口から摂る食べ物から鉄を摂っている・・・

スーパーなどのベビーフードのコーナーを見たことがあるだろうか?

大概レバーペーストが置いてある。

私が子どもを産んで育て始めたとき保健師さんに「レバーもあげて下さいね」と言われのぞきに行ったことがある。

その時は、「えっ、赤ちゃんにレバー?」と思ったけれど、理由があったのは今になって理解している。

鉄分の補給にほうれん草とかも並んでいるけれど、出来れば吸収のいいレバーを食べさせると言うのも理にかなっている。勿論肉・魚(出来れば赤身の魚)でも可。

ただ離乳食の開始時期や何から食べさせるかは賛否両論あるし、赤ちゃん自体の状態にもよるのでやたらに言えないけれど、成長に必要だと言うのは頭に入れておきたい。

ここで書いている鉄は『ヘム鉄』であることをお忘れなく・・・・。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする