子どもはみんな貧血?? 貧血を考える17-

貧血シリーズは今回で一旦お休みです。次回は未定ですがまだ続きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA レモン

生後6ヵ月で激減したフェリチンは回復するのか?

生後から約6ヵ月で出生時100ng/dlあったフェリチンもその急激な成長に殆どが使われてしまう。

それを補っていくには離乳食から離乳食完了まで、そして以降の食事から摂ることになる。

以下は子どもから思春期・成人のフェリチン値の平均値

5歳から10歳 21

12歳から18歳 22

18歳から45歳 (男) 94

18歳から45歳 (女) 25

これを見て私は随分低い、という感じを持った。

平均だから高い人もいれば低い人もいるし、健康人も病気を持っている人もいるから仕方ないけれど・・。

男女共に年齢に関係なくこの数値は低すぎるといっていい。と今だから思うけれど・・・。

栄養療法では女性(有経)でも80位は欲しいし、男性ならば120は欲しいところ。

生後1歳頃までの急激な成長からややゆるやかになっていく子どもの成長。思春期に入ると再び急激に成長する・・・。

基本的な考え方として子どもは青年期、成人を迎えるまでは貧血の状態ということ。

子どもの時に十分なたんぱく質と鉄を摂って(勿論その他諸々もないとだめですが)いったとしても、成長期にはなかなか栄養が追いつかないのが実情と言うデーターがある。

成長が終われば特に男性はフェリチンも増えていくことが期待できる。けれど今の若い子の食事の貧弱さから深刻なたんぱく質不足がどうしてもあるので、自ずと貧血が多くなっているのは事実。

これは血液検査をしても明らかなことだし、病気までいかなくても様々な症状が現れていることからも確かなことだ。

また忘れてはいけないのが、脳の成長と発達にも鉄が深く関わっている事。著しい鉄欠乏は精神にも影響する。有経の若い女性にうつなどの精神疾患が多いのに鉄欠乏が関わっているのを知っておくべきだ。うつではなく鉄欠乏だった、と言う症例は栄養療法では良くあることでヘム鉄などの処方で良くなることも多いと言うのは有名な話。

それと妊娠期間中の母胎の極度な貧血は胎児の脳の発達にも影響する。女性の貧血がひどいと妊娠自体が出来にくいことが多いけれど、妊娠期間中に母胎がひどい貧血になってしまうと、さすがの胎児も鉄を蓄えることが出来ず、脳に影響が出たり(自閉症など)、これ以上栄養をもらえないとなると早産の形で産まれてくる・・・。

子どもの頃の鉄不足は少しでも回復するようにしつつ、食事を大切にしたい。

食事を抜くとか食べたいものだけでお腹を一杯にする、マクロビ、菜食に近い食事などにならないようにしたい。

なんだかんだ言っても、このデーターと実際は世界的に認識されている事実だと言うことを理解すべきだ。

鉄は成長を始め、発汗・排泄などでも毎日失われる。また運動、とりわけ部活動が始まる中学時代の激しい運動は要注意。

鉄を摂るならヘム鉄で。つまり吸収の良い、動物性のたんぱく質から摂るべき、というのをお忘れなく。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする