『3才のADHD傾向のある子どもに見られる特徴』よりびっくりした『1才から飲める胃酸抑制剤』の話!!②/②

①はこちら
http://msgordon-mama.com/post-10879-10879

本当に胃酸過多なのか?

胃酸抑制剤(プロトンポンプ阻害剤・PPI)は文字通り胃酸を抑制=胃酸の出を抑える薬です。


多すぎる胃酸を出なくする薬としても処方されています。


では、本当に胃酸が多いのでしょうか?

胃酸の出具合を検査した上で胃酸抑制剤が処方されているのでしょうか?


医療機関で胃酸の分泌具合をきちんと検査した上で抑制剤が処方されているというのはごくごく少ないといいます。

通常は症状を聞いたり胃の粘膜の状態を診たりしての処方ですが、肝心の出具合は大半は検査しないとのこと。


実は日本人の大半の人が胃酸過多どころか胃酸の分泌が少ない民族として知られています。

胃酸の分泌が少ないのに胃酸抑制剤を飲んだら?

胃酸抑制剤は日中の胃酸分泌を70-80%抑制することが分かっていて、理論的には分泌を完全に止めることができるといいます。

胃酸を 70-80% 出なくする、または完全に出なくする・・・


では、食物の消化はどうなるの??


食物の殺菌はどうなるの??  
※胃酸のpHは1-2,強酸で解毒などや殺菌作用もあります。

もともと日本人は胃の状態が悪く胃酸の分泌も欧米人に比べても少ないのです。

胃酸過多、という人はまずいない・・

子どもは大人に比べて胃酸分泌量が少ないです。それを抑制したら成長に支障が出るのは必須。


そして胃酸も胃の粘膜もそれを作り出す材料は『タンパク質』


口から食べたものでしか材料は調達出来ません。
胃の不快な症状を取り除くための薬剤投与なのにそれを使うことで胃壁の修復も胃酸を作り出すことも出来にくくなる状態があっていいのか?

しかも子どもに。

食べたものは胃に運ばれて胃酸でドロドロに溶かして粥状にします。

消化に大切な胃酸が出なかったら・・・

ドロドロに溶かして粥状になりません。早い話が消化不良です。


未消化のものが腸に運ばれるとまた別の問題が出てきます。(LGS (Leaky Gut Syndrome)腸管壁浸漏症候群 といって腸壁に目に見えない穴が空き、本来通過できない食物の分子が大きいまま通過して全身に悪影響を及ぼす状態になる可能性が高いです。)


治療のため、とはいえこのリスクをどのようにするのがいいのか?


もっというと本当に子どもにこの薬を使わなければならないのか?


胃酸の逆流だとしたらもっと違うアプローチはないのか、と思ってしまうのです。


胃酸抑制剤が 安易に子どもに処方されないことを願います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《還暦記念WEBセミナーセール受講者募集中!》
YouTube・動画が観られる環境でしたらどなたでも受講可能です。

《WEBセミナー受講者募集中》
お申し込みリンク
単発セミナーはこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S72681087/

お得なセミナーはこちら
還暦記念WEBセミナーセール↓

https://ws.formzu.net/dist/S41849004/

お好きなセミナーどれでも組み合わせ可能
配信中(最新No.7のぞく)No.1~No.5まで

3本まとめて24,000円を20,000円
4本まとめて32,000円を28,000円

配信中(最新No.7)のぞくすべてまとめて
No.1~No.6の6本
43,154円を39,000円

最新No.7 「スポーツするなら、させるなら」
先着3名様 特価5,000円(通常8,000円)

【ご確認ください】カード/口座決済と銀行振込では金額が異なります。

※PayPal経由でクレジット決済と銀行振込が選べます。
(カード/口座決済) をクリックしてそれぞれ決済をお願いします。

※PayPalを利用せず直接銀行口座から振込をする場合(例・ゆうちょからの振込)
(カード/口座決済) というところをプルダウンしていただくと、もう一つ「銀行振込」というのがありますのでそこをクリックして選択したのち、ご自分の口座からご送金をお願いします。(ゆうちょ以外ですと振込手数料が掛かる場合があります。)

お申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S41849004/

各セミナーのご紹介はこちらから
No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

No.6 ぴかぴかの新学期ママができる、元気に楽しく通える5つのコツ
お食事とおやつでパワーアップ!皆勤賞をめざして!

皆勤賞をめざして新学期の準備を!
新学期・新入学・新入園
新しい環境でのスタートを元気に迎えたい。
病気などでお休みしないで通ってほしい。
親の願いですよね。
生活習慣が大事なのは知っているけれど、何をどう気をつけたらいいのか?
具体的にどうしたらいいのか?
気がつかない、なにげなくしていたことにも落とし穴が見つかります。
生活習慣と同じかそれ以上影響があるのがお食事です。
毎日朝・昼・晩と食べていくものですからこれまた積み重ねですし、何よりも私達の体とこころを作っています。
子どもはそれに加え大きく成長しなければなりません。

最新No.7☆2019・6月「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」

募集中6月最新No.7「スポーツするならさせるなら~ケガをしないで最高のパフォーマンスを!」
WEBセミナー還暦記念セール開催中

今回はスポーツする幼稚園くらいから高校生くらいのまさに成長期のお子さんがのびのびとケガを…

【今後の予定】
順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】
「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】
「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

【栄養素別コンテンツ】
第一弾配信中

No.5タンパク質ってなに?3歩先をいく攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

2月☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
WEBセミナーNo.5募集開始

子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①WEBセミナーNo.5 タンパク質…

《今後の配信予定》
☆アミノ酸について
☆ビタミンA
☆ビタミンB
☆ビタミンC
☆ビタミンD
☆ビタミンE
☆各種ミネラル
☆脂質

テーマのリクエストも受け付けています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする