『3才のADHD傾向のある子どもに見られる特徴』よりびっくりした『1才から飲める胃酸抑制剤』の話!!①/②

プロトンポンプ阻害薬(PPI)のネキシウム(一般名エソメプラゾールマグネシウム水和物)カプセルに、1歳以上の幼児および小児の用法・用量が追記されました。ただし、認められた適応は成人と異なり、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、Zollinger-Ellison症候群です。非びらん性胃食道逆流症は10mgカプセルのみ認められています。投与量については、体重が20kg以上と20kg未満に分けて設定されています。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/sako/201801/554607.html

胃酸抑制剤= プロトンポンプ阻害薬(PPI)とは??

文字通り、胃酸の出(分泌)を抑制するものです。

なぜこの薬が処方されるかというと、すっごく簡単に書いちゃうと、

「胃酸の出方が多すぎて逆流するから」ということで処方されます。
(今回承認されたのは潰瘍治療が主らしいですが、子どもでしかも1歳くらいの子どもが潰瘍にどれだけなるんでしょうか・・)※頻繁に逆流することで潰瘍が出来るのは確かですが・・


逆流するのは胃酸が多すぎるのではなくて、胃の入り口(食道の下、胃の上の方)の閉まりが悪いから逆流するのです。

胃の入り口は『噴門部』(ふんもんぶ)といい 、食べ物や飲み物が入ってくる刺激などで開いて、 胃の中が食物などでいっぱいになると閉じて逆流しないようになっています。

胃の噴門部の働き・赤ちゃん

胃の噴門部が閉じるのは、「下部食道括約筋」という筋肉が関わっています。

この筋肉が粘膜が弱かったり加齢などでうまく作用しなくなることで起こってきます。

子ども(赤ちゃん)などはまだ筋肉も粘膜も未熟です。
胃の形状も大人のような形ではなく生まれてからの日数が浅ければ浅いほど胃の形は大人のようにくびれがなく筒状でストレートです。

なのでおっぱいやミルクを飲ませた後、げっぷをうまくさせないと『吐く』ことになってしまうのですよね。

これはけして胃酸が逆流しているわけではありません。

筒状のものが逆流しやすいのはものの通りです。

赤ちゃんの胃

おっぱいやミルクで満たされると右のイラスト状にふくれる

けっぷをうまくさせないと寝かせたときに吐いてしまう原因に・・

大人の胃・ではなぜ、閉じずに開いたままなのか?

開いたまま、というか『閉まりが悪いか』

★粘膜や筋肉が弱いから

粘膜が弱いとどうしても動きも悪くなります。それに伴って筋肉の働きも悪くなるので閉まりが悪くなりがち・・加齢にもよりますが、若くてもこのような状態の方はいらっしゃいます。

★カルシウム・マグネシウム不足だから
意外に思われるかもしれませんが、カルシウム、マグネシウム(以下、カルマグ)というのは筋肉を動かすのにも大切なミネラルなのです。

胃酸を分泌しなさい~と命令するのもカルマグの働きなしには出来ません。

そして筋肉を動かすのもこのカルマグが不足しているとうまく働きません。開いたり閉じたりの筋肉の動きにもカルマグは重要です。

このカルマグ、他の筋肉を動かすのにも必要です。
こむら返りを起こしやすい、運動しているときに足がつりやすい、なんて言うのもカルマグ不足も関わっています。

なので胃酸の逆流は胃酸の量が問題ではないのです。

ちなみに昨日のブログはこちら

3歳でコレって普通じゃないの?? 『3才のADHD傾向のある子どもに見られる特徴』 子ども支援研究所より
SNSでこんな投稿を見つけました。「3才の子供のADHAの特徴」1部抜粋 全文はこちら  ・ 3歳になっても、食事の時にイスにじっと...

長くなったのでこの話は次回に続きます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする