ガンと栄養・・ガン発症はたんぱく質不足からくる

ガンはゆっくり出来てくる

人間の体の中で、日々ガン細胞が作られている・・・

と言う衝撃的なことを聴いたのは、ここ3,4年の間だったと思う。『毎日3000~4000個ほど(5000個ともいわれている)のがん細胞が存在しているだろう』と推測される、というから驚いてしまう。

毎日作られては、体の制御作用で免疫が働いてガンの細胞がこれ以上増えないようやっつけたり、排泄したりして頑張っているおかげなのだ。

これほどありがたい免疫の力が落ちたとき、ガン細胞がのしてくる・・

免疫力の低下は他の病原菌や有害な物質も増殖させてしまう。

免疫力が落ち、ガン細胞が知らない間にどんどん増えていくとガンが発症してしまう。

一説には、ガンの種類にもよるだろうけれど、10年から15年かかる、と聴いたことがある。だからその頃から今までの自分の生活を振り返ってみると、もしかしたら原因が分かるかも知れない・・・とも。

ガン発症には色々な原因があるから、一概には言えないけれどどんな生活、どんな食生活をしていたかを意識しながら日々生活する事は大切な事なのだ。

ガン発症は、たんぱく質不足から

やっぱりたんぱく質はどんなときにも足りなくなってはいけないのだ、と痛感してしまう。日本では知らないが、最近のアメリカの研究ではこのことが分かってきているそうだ。

医学的に言っても栄養療法的に言っても、たんぱく質不足は免疫力の低下、貧血を始め体に大切なホルモン、分泌液の乱れや減少その他がある。体のバランスが崩れてしまうのだ。

ガンは人間の栄養バランス、体のバランスが崩れてくると、どんどん増えてくる。

食事からとる栄養は大切なのは勿論、あたりまえの規則正しい毎日の生活はやっぱり重要と言うことを改めて考えたいものだ。

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする