骨にはたんぱく質・・骨の話 4-5 骨量測定

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

骨量測定

15、6年前、骨粗鬆症が問題になっていた頃、市町村などの自治体で「骨量測定」を実施するところがあった。

当時私の住んでいたところも、公報で通知があり測定に出掛けて行った。

素足(両足)のかかとを水の入った、ちょっと前に流行ったの家庭用フットケアの様な感じのところに入れて、しばらく動かさずじっとしている方法で測ってもらった。

当時私は30代だったけれど、確か年齢よりはやや骨量が少ないと判定されて、「ああ、やっぱり」とは思ったものの、ショックを受けたのを覚えている。骨量はこれ以上増えるのは難しいから、減らさないように注意するよう指導があった。

運動とカルシウムの多い食事を言われたのを覚えている。

決して「たんぱく質も摂るように」とは言われなかった。

骨粗鬆症は改善出来る・・・

私も骨量測定の時、いったん骨がこういう状態になったら一生治らない、改善されないと言われた。

けれど最近は骨粗鬆症も改善される可能性が高くなってきている。

けれど最近は骨粗鬆症も改善される可能性が高くなってきている。何年か前骨粗鬆症の改善薬としてビタミンDの製剤が発売されているらしい。

何でこんな事を知っているかといえば、すでに亡くなった義母がしばらく飲んでいたからだ。

義母は膵臓ガンで放射線治療も抗ガン剤治療もすでに終えていた。

それらからのダメージもある中、極度の低栄養、貧血もすごかったけれど、何が原因か不明のうちに、腰の骨を圧迫骨折していて、その改善のために当時新薬だったビタミンD剤を処方されていたのだ。

薬の正確な名前を覚えていないから書かないけれど、義母は胃や腸に不快感などが出て飲むのを止めている。

副作用の多い薬だ。

このブログを読んでいらっしゃる方々だったらもしかしたら想像がつくかも知れない。

義母の骨粗鬆症が進んだ理由として、低たんぱく、貧血などの栄養欠損がかなり関わっていたこと、そして副作用も同様に低栄養状態が関わっていたと思われること。

骨を作るにはたんぱく質がないと出来ない、と先日書いたけれど、低たんぱくの栄養状態では、いくら吸収を高めるビタミンD剤を飲んでもこの事実を知っていれば無意味だと素人でも分かるのではないか??

カルシウムを腸管から吸収させる機能を高めたとしても、十分なカルシウムが口から摂れていなければ、どうなるのだろうか?足りないカルシウムはどこからも湧いて出てこない・・・(骨を壊して血中に溶け出すことはあっても・・)

例えカルシウムがあったとしてもすかすかの骨(たんぱく質不足でも起こりうる)の土台にカルシウムは思うようにくっついていかない・・

けれど改善するらしい。素人にはこの仕組みは分からない・・

栄養療法を進めていっている人のうち、治療の主目的が骨粗鬆症でなかった人も含め、たんぱく質を十分に摂り、カルシウムを含む必要なミネラル等々を摂っていったら、骨量が少しずつ増えてかなり改善した人が何人もいると言う。

一旦骨粗鬆症になると治らない、と言われていたけれど薬剤以外にも栄養療法を進めていくうちに改善するという。あきらめてはいけないと思った。

特に女性は閉経後女性ホルモンのエストロゲンの減少によって骨が弱くなるけれど、更年期にさしかかる前でもさしかかってからでも栄養をしっかり摂ることで予防も改善も出来るということで、心強く安心した次第。

あっ、それと適度な運動も忘れてはいけません。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする