ダイエットがお好き?-脳を守るダイエット-脳に食わせるダイエット2/2 5-

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイエットばかりを考えないで5-脳に食わせるダイエット

ダイエットシリーズ1234 はこちら

アエラに載ったダイエットに関する記事タイトル。

何度もこのブログでも書いているように、カロリーを抑えることのみに執着していても、食べる内容を考えないと痩せないし、かえって栄養や代謝のバランスが崩れて体調を崩すだけではなく、体重が元に戻ってしまうリバウンドを繰り返してしまう練習をしているようになってしまう。

ダイエットも科学なのだ。

痩せる=体脂肪を減らして筋肉を増やす→代謝を上げて太りにくくする→リバウンドしにくい体を作る

筋肉を作るのはたんぱく質なので、ダイエットにたんぱく質は欠かせない。ダイエットする前よりたんぱく質を摂らなければならないほどだ。

それなのにたんぱく質を控えていたら、脂肪をため込むばかりではなく、代謝も乱れ一番大切な脳に栄養が行かなくなり、精神的にもおかしくなってくる。(勿論たんぱく質だけではないけれど)

アエラに載ったライター福光恵氏も書いている。

「憂鬱はすぐにやってきた。」「めちゃくちゃな食事を数日やってるだけなのに、私なんてすてでにうつの症状とそっくり。」

何故脳に食わせるのか?

脳はかなりのエネルギーを使うから。

脳は何よりも優先して栄養を取り込み脳に必要な物質は脳内で造り出す。

けれどその脳に必要な物質を造り出すにしても、その材料がないと造り出せない。

優先して栄養を取り込み使っている脳がこの状態なら、体は悲鳴を上げている。

生きていく上で必要な栄養を体は常に欲しているのだ。

それなのに「痩せたいから」「ダイエットしているから」と理にかなっていないやり方で取り組むのは危険。

ダイエットに失敗して困るのは脳

ダイエットの失敗で一番困るのは脳の機能が上手くいかず、精神疾患が出てしまったり、脳の機能低下によって体全体の諸々が狂ってしまうこと。

そこまで考えてダイエットをして欲しい。

ただ食べないだけ、カロリーを減らすだけ、運動するだけでは体と脳を積極的にぶち壊しているような物。

じゃあ、痩せなくていいのか?ダイエットをするなというワケ??

ダイエットが必要な人もいるだろう。もう少し痩せたいと言う人も・・・

ダイエットをするならたんぱく質を中心の食事に野菜をたっぷり、お菓子、ジュース・お酒などを止める、白米・白いパン・白い麺類などの炭水化物(糖質)を止める、勿論砂糖類を使った甘いものも止める。

無理なダイエットをすると空腹になるばかりでなく、甘い物への渇望がダイエット前よりも強くなる。摂取カロリーに余裕があるからと、甘い物を食べていると脳にもダメージが出てくる。

一番やってはいけない方法だ。

そして食後に軽い運動をする。ダイエット中だからと激しい運動をすると筋肉が壊れる。壊れた筋肉の修復をきちんとやらないと体に負担がかかってしまう。(たんぱく質の適度な補給で筋肉の補修)

ダイエットをやって痩せたけれど、肌や髪の毛はガサガサ・パサパサ、体のあちこちが痛い、だるいのが続く、吹き出物も出るようになった、眠れない、何となく憂鬱、精神的に不安定・・・では何のためのダイエットだか分からなくなる。

脳も体もちゃんと機能させ、健康的に体重を落とすこと。一ヶ月に体重を落とす目安は科学的に理にかなって実行して、せいぜい3-4キロが限界と言うこと。

これ以上の減量は脳にも体にも実は危険だということを頭に入れて欲しい。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

2月28日(木)より募集開始
WEBセミナー最新No.5
『タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!』
こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.5

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする