ダイエットばかりを考えないで ! 2-

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイエットの悪影響

極度なダイエットは心身共に具合が悪くなる可能性大。

巷で宣伝しているダイエット食品やダイエット法はともすると栄養不足になりやすい。

ここで何度も書いているように、人間の体はたんぱく質で出来ている。このたんぱく質の摂取が減ると、痩せたつもりでもリバウンドしやすい。

体の色々な代謝が落ちるため、かえって脂肪が増えることにもなりかねない。

脂肪を減らして筋肉を増やしていく事こそ、体重を減らす早道なのに、たんぱく質つまり肉や魚、卵、豆製品などを減らしては、体脂肪は増えるけれど、肝心の肉まで落ちてしまうだけではなく、体の色々な所に使われる重要な役目を果たせなくなる。

肌のはり、しなやかさ、美しさ、髪の毛のつや、こし、美しい爪・・・たんぱく質不足ではコラーゲンが作られないのでこの辺りにダメージがいく・・・

免疫力は落ち(これもたんぱく質から)風邪を始め感染症(これからの季節インフルエンザが怖い)になりやすく、勿論病気にも罹りやすくなる。一番怖いのは、ガンではないだろうか・・

骨も弱くなり、骨折は勿論、関節が痛い、腰が痛い・・・

胃液の分泌も悪くなるので胃腸の調子が悪い・・

粘膜の形成にも影響するので、この先の花粉症、喉の違和感、

目のトラブル・・

不眠、情緒不安定、精神疾患、低血糖症・・・

ホルモンの形成もたんぱく質が関わっているので、影響が出ると思わぬ所で不調が出る・・

特に女性の場合、ダイエットが原因で生理が止まってしまったり、将来結婚して子どもを産む時、妊婦である母体の栄養不足で生まれてくる赤ちゃんの体重が少ない、未熟で生まれる、体が弱い子が生まれる、その後の成長などの影響は深刻だという。

妊娠中の母体の健康も危うくなる。妊婦の脳内出血、その他の不調原因の1つに栄養不足が関わっている。

産後も母体の回復が遅れたり、母乳の出が悪い、心身のバランスを崩し体調が悪くなる、思いがけない病気になる・・・まだまだあるけれど・・・・

これらはたんぱく質が足りないことで起こるトラブル。

体の働きに重要なミネラル、ビタミンも勿論足りなくなったら大変な事は言うまでもない。もっと深刻な症状になるだけだ。

それでも、栄養を無視したダイエットをしますか?

私は大丈夫、私のダイエットは間違っていない !

そう言えるでしょうか?

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする