せっかく運動しても・・ 配偶者に告ぐ!! 2-6 体、動かさなくちゃ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  セロリ苗

体、動かさなくちゃ

年を重ねると、体型にも経年変化が現れる。機械のように特にメンテナンスもせず、何十年も休みなく動き続き続けている私達の体。

近頃のメタボ検診などもあって、配偶者も「体重を減らせ」とか「運動をせよ」と医師などに言われるらしい。で、ここ1,2年の間、配偶者も時間を見つけて運動に励んでいる。

それに比べ積極的に運動をせずにいる私を横目に見ながら「運動しなくちゃ、痩せないよ~」とのたまう・・・・。

運動の後のビールはうまい!!

配偶者は仕事が早く終わった日の帰り道に運動をして帰宅する。

帰宅してキューッと一杯。ビールを飲むのが最高だそうだ。

ハァ・・・。空きっ腹に運動をやり、ビールですか・・・。

これは大して珍しくない光景だろう。汗をかいた後のビールが美味しいのは知ってはいますが・・・

血圧には一番よくない運動の仕方・・・

私としては危険も考え、空きっ腹でかなりの運動後、アルコールは摂って欲しくないこと・・・

本気で痩せたいなら、運動と共にまずは食事。たんぱく質から食べて欲しいなぁ・・・。勿論炭水化物は極力減らして・・・。

勿論いつもよりアルコールを控えて・・・

「運動で疲れると、甘い物が食べたくなるねぇ」なんて言ってたことも・・

「疲れたときは、甘い物」と信じている。家には甘い物を置いていないからいいようなものの、あれば食べているだろう。これじゃあ、痩せない。

配偶者の正しい理解と経済事情?が許せば、運動後にアミノ酸のサプリメント、特にBCAAを摂ってから食事をすると、本来減らしたい脂肪が更に燃えやすくなるんですけれど・・・

BCAAとは分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)の事で、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」のこと。

筋肉(筋たんぱく) を維持する働きがあり、運動で使った筋肉を修復する働きをもつ。

つまり運動で壊れた筋肉を壊れたままにせず、筋肉に必要なアミノ酸であるBCAAを補給することで、筋肉を維持し、結果として筋肉量を増やしていく、というような働きをするもの。

理想は運動前か運動途中の方がもっと効果がある、と言うらしい。

痩せる、ということは体脂肪を減らして筋肉を増やす、ということなので、単に体重を減らすだけではすぐリバウンドしてしまう。

しかも体重だけ減らしたのでは、健康的に痩せない。体重は落ちても体脂肪が大して落ちない、のでは本末転倒・・・

だから栄養療法での減量方法は、まずたんぱく質をたっぷり摂ることを第一に考え、指導する。

正しい減量の為にはたんぱく質摂取は必須だ。たんぱく質は筋肉にもなるので、世の中のダイエットがなかなか上手くいかないのはこのため。

体重計に時々乗っては、「あれだけ運動しているのに、痩せないなぁ~」と言っている・・・。

痩せないって・・。運動してたって効果的に痩せるようなことやっていないもの・・・。

でも、体を動かさないよりはずっとずっといいのです・・・。私も少しは運動をせねば・・。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする