せっかく運動しても・・ 配偶者に告ぐ!! 2-6 体、動かさなくちゃ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  セロリ苗

体、動かさなくちゃ

年を重ねると、体型にも経年変化が現れる。機械のように特にメンテナンスもせず、何十年も休みなく動き続き続けている私達の体。

近頃のメタボ検診などもあって、配偶者も「体重を減らせ」とか「運動をせよ」と医師などにいわれるらしい。で、ここ1,2年の間、配偶者も時間を見つけて運動に励んでいます。

それに比べ積極的に運動をせずにいる私を横目に見ながら「運動しなくちゃ、痩せないよ~」とのたまう・・・・。

運動の後のビールはうまい!!

配偶者は仕事が早く終わった日の帰り道に運動をして帰宅する日々。

帰宅してキューッと一杯。ビールを飲むのが最高だそう。

ハァ・・・。空きっ腹に運動をやり、ビールですか・・・。

これは大して珍しくない光景で汗をかいた後のビールが美味しいのは知ってはいますが・・・

血圧には一番よくない運動の仕方・・・

私としては危険も考え、空きっ腹でかなりの運動後、アルコールは摂って欲しくないこと・・・

本気で痩せたいなら、運動と共にまずは食事。たんぱく質から食べて欲しいなぁ・・・。もちろん糖質(炭水化物)は極力減らして・・・。

そしていつもよりアルコールを控えて・・・

「運動で疲れると、甘い物が食べたくなるねぇ」なんていってたことも・・

「疲れたときは、甘い物」と信じている。家には甘い物を置いていないからいいようなものの、あれば食べているだろうし、大人だから買ってくる。これじゃあ、やせない。

配偶者の正しい理解と経済事情?が許せば、運動後にアミノ酸のサプリメント、特にBCAAを摂ってから食事をすると、本来減らしたい脂肪が更に燃えやすくなるんですけれど・・・

BCAAとは分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)の事で、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」のこと。

筋肉(筋たんぱく) を維持する働きがあり、運動で使った筋肉を修復する働きをもつ。

つまり運動で壊れた筋肉を壊れたままにせず、筋肉に必要なアミノ酸であるBCAAを補給することで、筋肉を維持し、結果として筋肉量を増やしていく、というような働きをするもの。

理想は運動前か運動途中の方がもっと効果がある、というらしい。

痩せる、ということは体脂肪を減らして筋肉を増やす、ということなので、単に体重を減らすだけではすぐリバウンドしてしまいます。

しかも体重だけ減らしたのでは、健康的に痩せない。体重は落ちても体脂肪が大して落ちない、のでは本末転倒・・・

だから栄養療法での減量方法は、まずたんぱく質をたっぷり摂ることを第一に考え、指導します。

正しい減量のためにはたんぱく質摂取は必須。たんぱく質は筋肉にもなるので、世の中のダイエットがなかなか上手くいかないのはこのため。

体重計に時々乗っては、「あれだけ運動しているのに、痩せないなぁ~」といっている・・・。

痩せないって・・。運動してたって効果的に痩せるようなことやっていないもの・・・。

でも、体を動かさないよりはずっとずっといいのです・・・。私も少しは運動をせねば・・。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

2月28日(木)より募集開始
WEBセミナー最新No.5
『タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!』
こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.5

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする