血圧のエピソード血管を強くしよう !

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

血管を強くしよう !

血管を強くすれば、ちょっとやそっとのことでは破れない。

脳出血などが恐れられているけれど、要は破れなければいい訳。

よく言われるのは、高血圧があると脳出血(脳血管疾患)などにも悪影響を及ぼすのは、よく知られている。

細かったり、血管の膜が弱かったりする所に、圧が高くなると破れる可能性が高くなるのは物の通り。

では血管が破れないよう、強く丈夫に、しなやかにするには?

血管は、やっぱり言わずもがな、たんぱく質から出来ている。血管自体は、実は何層にもなっていて元々そんなに柔ではないらしい。

丈夫さ、しなやかさには体内で生成される、コラーゲンにも関係にある。コラーゲンもたんぱく質、ビタミンC、鉄から出来ているので、やっぱりたんぱく質はしっかり摂らないと・・・(今の若い人、ビタミンCの摂取量も激減しているデーターがあり、心配・・)

けれどたんぱく質がしっかり摂れていないことで、血管はもろくなっているのだ。

食生活が貧しかった頃、昭和の30年代頃までは、食塩の摂取量も今より多く、たんぱく質の摂取も少なかった。

当時の死因の順位は脳血管疾患で、昭和26年に死因の1位になって、昭和45年にピークになった後、徐々に低下していき、去年平成19年は死因の3位になっている。1位は悪性新生物、つまりガン。

脳血管疾患の死因減少に、食生活の変化も効果を上げているけれど、医療面でも予防を含め、治療方法や薬の進歩なども大きく影響している。

血管を強く、丈夫にしなやかにする事こそが、破れる事が一番怖い脳血管疾患は防げる。

人間の血圧はどこまで高くて大丈夫??

血圧が高い、と言われるのは一般的に言われている上が(収縮期血圧)140mmHg以上・下が(拡張期血圧)90mmHg以上と定められている。
(1999年2月新基準・世界保健機関(WHO)・国際高血圧学会(ISH)による)

血圧が180とか200とかあると、かなり高いなぁとあまり詳しくない私でさえ、思うけれど、それでも血管が破れない人もいれば、この程度で破れてしまう人もいる・・・

繰り返しになるけれど、血管の状態などによって個人差がある。

人間の血管はどのくらいの血圧に耐えられるのだろうか??

今年の夏、北京でオリンピックが開催されたけれど、競技の中で一番血圧が上がりそうなのは、私はバーベル、つまり重量挙げの様に思う。

うーんっ!! と満身の力を込め、全身の筋肉などを使って、100kg以上のバーベルを上げてしまう選手もいたはず・・・

あの苦しそうな、真っ赤な顔、首やこめかみに浮き出す血管!!

破れてしまうのではないかと、ちょっぴりひやひやしながら見た。

実はバーベルを持ち上げているときの血圧。

驚くなかれ、800だと言うのだ。

それでも破れないのだから、人間の体はよく出来ている。けれど、それはしっかり栄養を摂って、トレーニングも積んでいるからだと思う。

強くて丈夫でしなやかだったら、最高血圧が800でも大丈夫なのだそうだ。
それにしてもスゴイ・・・

表示テストです

てすとてすと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする