デートのお相手 亡父と同年齢 !

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

亡父と同年齢 !

隣家の方と久しぶりにデートをした。

時々ランチに一緒に行ったりするけれど、先日はアカデミックに絵画の展覧会にご一緒した。

元気でおしゃれな高齢者で「私の年? そんなもの知らないでいいの!」とおっしゃる、白髪にヴァイオレットメッシュの入った御髪も素敵なおばあちゃま。

色々な物に興味を持ち、何でも召し上がるグルメ、ハイカラ、モダン、粋と言う言葉がぴったりの方で、私も年を重ねていく上で是非お手本にし、その若さと行動力にあやかりたいと思っている。

今回出掛けたときに、展覧会場で高齢者の割引があり、年齢を確認出来るものの提示を求められた。65歳以上は半額というから大きい。

いつもそれとなく年齢を伺う私だけれど、証明書を覗く訳にもいかず、またもや年齢不明。

どう考えても80歳前後なはずなのは確か。

この元気どこから来るのだろうか? といつも感心させられる。私と歩いていると、勿論親子に見られる年齢差だけれど、背筋もぴんと伸び、スリム(ココが一番私と違う・・) 2,3キロ以上は平気で歩かれる。

ひょんな事から私の第1子と干支が同じ事が分かった。そしてポロリと「元年生まれなのよ」とおっしゃる。

つまり昭和元年生まれの今年83歳。何と30年前に亡くなった私の父と同じ年だった。

花粉症が・・・

その方は1995年に起きた阪神淡路大震災も経験されている。その時のすさまじさは一度だけ伺ったことがあるけれど、やはり相当の心の負担になっていらっしゃるようで、震災をきっかけにその後体調を崩し、たびたびのめまいや難聴などなど未だに不調を抱えている。

「ちょっとごめんなさいね。変装するから」といいながらマスクをされた。

「あなた何でもないの?」 と私に聞いた。花粉症で鼻水が垂れて気になるからと言う。

けれど目も痒みなどはないらしく、くしゃみも一回もしなかった。

「毎日耳鼻科に行ってるのだけれど、強い薬は飲みたくないからもらうのだけで飲まないの」とも。割に軽症なのかも知れない。

「治らないのよ。この時期憂鬱だわ」花粉症は今の医療の対症療法では治らないだろう。

花粉症は以前も書いたけれど鼻を始めとする粘膜強化で改善する事が多く、栄養療法をされている方で他の症状の治療が主だったのに、気がついたら花粉症が治ってしまった、と言うのは何例も聞いている。

花粉症の治療=粘膜強化につきるのだ。

人によっては眠気が出たり副作用が心配な強い薬よりも安全な方法で確実だと思う。

粘膜強化、たんぱく質・ビタミンA・鉄・ビタミンCをしっかり補充することで可能になる。

私も粘膜は弱く、花粉症はないが、ハウスダストや猫の毛にアレルギーが激しく、今でも調子が悪い時にほこりっぽい状況になるとたまに一日中くしゃみをしてツーすとんと言う鼻水を垂らす事がある。

そう言うときは「粘膜弱っているなぁ」と反省し、食事に注意し、サプリメントもしっかり摂りだす。

私はアレルギーは持っているが、花粉症に関してはある程度抑えが効いている状態なのだと思う。

アレルギーがあったとしても発症しなければ花粉症は恐くない。

デートのお相手はめまいやアレルギーで罹っている医師達に貧血があると言われているのだと言う。一般の病院で貧血だと言われているのだから、栄養療法レベルではかなりの貧血と考えた方がよく、フェリチンも低値が疑われる。

めまいも花粉症も貧血を改善するだけでかなり回復が期待されることがあるそうだ。いつもそれをお話しようかなぁ~と思いつつ、理解されるまでは相当かかるので口から出そうになっては、飲み込んでいる。

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする