えっ、あんなに一杯・・

二人で通りすがりに他の人の取り分けたお皿をつい見ていたようで、「すごいね!あんなに山盛りを3回もお代わりしているよ~」

私達はたんぱく質中心なので山盛りにしてもせいぜいお代わり2回くらい。

けれど3回位行っている人は、やはり炭水化物が圧倒的に多い。「炭水化物を食べていると食べている間からインシュリンがバンバン出るから食べられちゃうのよ~」と友人が教えてれた。

そうか!! そう言われてみれば、理屈にかなう!!

量がすごいのだもの! 量だけ見たらよくあれだけ入るなぁ~って感心するくらい。

もっとすごいのがその上にスィーツも山盛り持ってきて食べていたこと・・

まぁ、スィーツも炭水化物以外の何物でもないので・・入りますね・・

太るだけでなく、炭水化物を食べる事でますます食べたくなる悪循環。このブログをいつも読んで下さっている方はもうご存じですね?

インシュリンも多量に分泌されて、ついにはその調節が出来なくなってますます炭水化物しか食べられなくなる・・肉などのたんぱく質を適切に食べていない分、粘膜は弱り、消化酵素や胃液などの分泌も落ちたんぱく質を消化出来ない、受け付けない体になってしまう。

そして、栄養が欠乏し、インシュリンをついには作り出せなくなり、血糖調節異常(血糖調節障害)=低血糖症や糖尿病になってしまうのだ。

粘膜・胃液・インシュリンなどなどもその材料となるのは動物性のたんぱく質ですから、炭水化物ばかりを食べる事がどれだけ体を維持するのが難しくなるかが分かるだろう。恐ろしいことだ・・

お問い合わせはこちら





お問い合わせ内容を確認していただき、チェックボタンをクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする