外食・清涼飲料水・甘味料に注意!! 久々の全員集合

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 5日・枕崎での鰹ランチ

久々の全員集合

この週末、家族4人が珍しく揃った。

「久しぶりだねぇ~。いつ以来だっけ」ときょうだいお互いに言い合っている。

我が子と第一子である上の子は何と今年のお正月以来に顔を合わせる。

晩ご飯は何がいいかと第一子に尋ねたら「焼き肉」のリクエスト。

ご飯は冷蔵庫の残りご飯の茶碗3杯分(4人分として)を焼き肉のついでに炒めたのみで、後は肉と野菜でお腹一杯にした。

オージービーフの赤身の肉でカルビ用430g・ももステーキ用720g、合計1.15kg を4人だから、単純計算で一人当たり287.5gの肉を食べた計算。

これを多い量の肉と考えるか、少ない量の肉と考えるか?

一日の必要なたんぱく質を牛肉だけで摂ろうとすれば、赤身の肉で500gは食べないとするとこの日のたんぱく質量合計は、朝と昼の他の食材からのたんぱく質量とこの肉の287gの肉量を入れても多分足りない・・・

たんぱく質を必要量摂るのは難しいのだ。

今日の外食は何を食べたんじゃい?!

日曜の朝ご飯を食べてから、第1子は友人とドライブを兼ねて趣味のため外出。

第2子はかつての高校の学園祭にと出掛けて行った。

・第1子の様子・

午後9時前に帰宅するという、予想外に早い帰宅。けれど何だか機嫌がいまいち・・

「いゃあ~、ご飯食べたら急激に眠くなって、気がついたら寝てた」とのたまう。

「眠くて仕方ないから少し寝る」と寝室へ。

このところ仕事が忙しく夜遅くまで残業が多かった上、昨日も余り寝ていなかったとはいえ、食直後に「気がついたら寝てた」は聞き捨てならぬ・・・。

第1子は夕食をまたもや肉関係を食べたらしいが詳しい内容は未だに寝ているので分からない・・・。

ふと玄関に行ってみたら、たたきにアルミ缶が置いてある。

手に取ってみれば「○○の紅茶」の缶入りバージョン。

缶の表に『甘さすっきり』と書いてあるではないか!!

『甘さすっきり』という表示は、砂糖は使わず、使っても通常より少量、足りない分の甘みに大概『ブドウ糖・果糖液糖類』もしくは人工甘味料のアスパルテームとかスクラロースとか長い名前のものが使われていることが多い。

砂糖も怖いのだけれど、ブドウ糖はもっと怖い。血糖調節異常(低血糖症)の人は特に分子が砂糖より小さいため、急激に血糖値を上げ、血糖のコントロールが乱れるからだ。

第1子がいつこの清涼飲料を飲んだか不明だけれど、食直後、急激に眠くなったのは「疲れが溜まった上に寝不足」の理由だけではないかも知れない・・・・。

第2子の様子。上の第1子よりは2時間ほど早く帰宅。

晩ごはんは第2子の好きな鶏の唐揚げ、ソーセージ入り野菜たっぷりのスープなどなどのメニューだったけれど、「実は余りお腹がすいていない」と言う。

学園祭で何か沢山食べたのか?と思っていたら、結局どうもお昼は食べ損なったらしい。

夕方同期生の友人と「たこ焼きの大きいのをいくつか食べた」と言うではないか・・!!

えーっ、空きっ腹にたこ焼き~?!

精製されていない小麦粉に甘いソースがかっているのが普通だ。飲み物は何を飲んだか不明だけれど・・・

そういえば帰るなり、学園祭でのことを大きな声で興奮してまくし立てていたっけ・・・

血糖値が急激に上がっている間はハイになりやすい我が子。

やっぱり関係があるのか??

夕食はといえば、お腹が空いていないとはいえ、おかずだけ大半を食べて自室に引き上げた。

1時間くらいしたら階下に「降りてくる」と言っていたが時間が来ても部屋からは物音1つしない・・・。

第2子の部屋に行ってみれば、まぁこの子もベットで寝ている・・・

はぁ~  第1子といい、第2子といいこの状態はどう考えたらいいものか?

単に疲れただけ? 寝不足?? それとも血糖値を急激に上げてしまう食事や飲み物が影響している ?

二人とも寝てしまって未だに起きて来ないので、何とも詳しい事は分からないけれど、何かがヘンだ・・・。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

《受講募集中》

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

最新
NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳しくはこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
子どもは小さければ小さいほど、発達にその子その子のスピードも個人差もある中、「発達障がい」「発達障がいかも?」「グレーゾーンかも」と言われたり診断されたりすることも増えてきました。
でも、過去私が幼稚園で関わった子ども達を見ていると、安易に診断することは危険、という場面に多く出会いました。

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする