貧血を考える 6- フェリチンの国際基準

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェリチンの国際基準

貧血の診断に使われる項目にヘモグロビン値・フェリチン値・MCV値・ヘマトクリットなどがある。
「貧血を診る時はフェリチンを診る」という事は日本ではまだまだ一般的ではない。

フェリチンの測定自体も昔はできなかったらしい。(いつごろから出来るようになったかは調べたけれど不明)

この検査項目で殆どやらない項目がフェリチンだが、どのくらいのフェリチンがあるのがいいのかを調べてみた。
「血清フェリチン」という検査項目で単位は1ナノグラム/mlであらわされ、理想は100ナノグラム/ml以上、少なくとも80ナノグラム/ml以上あるのが望ましいと言われている。

フェリチン100ナノグラム/ml=貯蔵鉄10000mgで健康な体の条件としてこの数字は、国際的な合意が得られていると言う。

そしてこのフェリチン値は日本よりも検査されていて、フェリチン値が低い女性は妊娠を見合わせる、精神疾患の治療、体調不良、子どもの成長、スポーツ選手の成績などなどに測定され、貧血を治療している。

貧血は体の酸欠

体の隅々まで酸素を運ぶ働きもになっている鉄。貧血であると言うことは体全体が「酸欠」であると言える。

体のあらゆる所で酸素を必要として利用されている。けれど貧血があると酸欠が内臓などにも障害を起こしてしまう・・・

人間の体の中で一番酸素を使っているのが『脳』。

人間にとって大切な脳に十分な酸素が行かない・・・貧血はかなり深刻だと言うことがお分かり頂けると思う。脳の働きが低下してしまうのだ。

貧血で一番ダメージを受けるのは脳だと言うこと・・つまり脳神経症状が一番先に出るのが貧血の大きな原因の1つ。同時に不定愁訴も出る・・・

脳に酸素が行かないとそれだけで精神疾患様の症状が出てしまう。

今現在、心療内科などを受診している人の中にも、貧血を調べたらかなりの高率で貧血が見つかるという。

実際、日本のある大学病院で精神病院に入院している患者のフェリチン値を調べたら殆どの人がフェリチン値が非常に低かったというデーターがあるらしく、今まで与えていた薬を止めて鉄剤を処方したらかなりの人数の患者がそれだけで症状が軽くなり退院できたという。

また酸素が欠乏すると言うことは十分なエネルギーも生み出せないことに繋がり、エネルギー欠乏にもなる、ということ。

エネルギー欠乏だと朝起きられない、日中ゴロゴロする、全身倦怠感がある、集中力がない、やる気が出ない、特に午後居眠りが多いなどの症状も出る。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

2月28日(木)より募集開始
WEBセミナー最新No.5
『タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!』
こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.5

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする