さぁ、新学期。台風接近&気圧が下がっている今日、登校できたかな?

新学期なのに・・

起きてこない

ぐずって支度しない

機嫌が悪い

頭が痛いと泣く・・

「命を犠牲にしてまで登校しなくていいよ」というのもキャンペーンで呼びかけていますね。

新学期の初日、夏の疲れや諸々の事情で子ども達は重い気持ちでいるかもしれません・・

気圧の低下や変化に弱い子ども達

今日は台風接近で全国的に軒並み気圧が下がっています。

今日登校出来なかったお子さんはもしかしたら気圧も関係しているかもしれません・・

気圧が下がっただけで??

と思われるかもしれませんが、特に毎日寝起きが悪いお子さんは気圧に弱いんです。

気圧が下がる、というのは山登りをするのに似ているのです。

山の高いところに行くと空気が薄いために呼吸がしづらかったり、体が重かったりした記憶はないですか??

だるくなったり息が苦しい・・頭が痛い、ぼぉーとする、吐き気がある・・

高山病でも似たような症状が出ますよね??

低気圧で高山病と同じような症状が出ることがある

これと同じことが普段生活している所でも起きているのです。

特に成長期のお子さんは貧血の方がほとんどですから、脳にも体にも酸素が行き渡らない状態。

普段から山登りしているくらい酸欠の状態で過ごしています。

そこへ気圧が下がったら・・動けなくなりますよね?

これの改善にはやはりお食事の充実と必要ならば60項目の詳しい血液検査をして貧血の度合いやタンパク質・ビタミン・ミネラルなどの不足がどの程度あるのかを探って行くといいかもしれません。

気圧が下がると調子悪いのは何もお子さんだけではありません。大人もそうです。

FacebookやTwitterなどの投稿を見ていても
「偏頭痛が辛い」「肩こりが」「吐き気が」「起き上がれない」「辛い」などが見られます。

みなさん低気圧と体調不良を自覚していらっしゃる方も多いです。

こんな方は低気圧に対応出来ない体なのです。

貧血をはじめ栄養欠損、そして「副腎疲労」を抱えていることが多いです。

【貧血についてはこちら】
☆貧血を考える 7- 子どもの貧血と成長

貧血を考える 7- 子どもの貧血と成長
子どもの貧血と成長 今回鉄分のことと貧血の事を調べていて、これらが子どもの成長にも大きく関わっていると知りました。 これを知っていれば私の子どもはもう少し充実した体格になっていたかも知れない・・ 貧血で鉄分を補給するのはもちろんだけれど、忘れてならないのはやはりタンパク質。 タンパク質がないと鉄が十分利用できないのです。 どの栄養素もそうだけれど、必ずと言っていいほどタンパク質と一緒にとることが原則になります。 成長期の子どもは背も伸びるし体重も増える。この身長の伸びにも鉄が関わっていて、やはり足りないと伸びないといいます。

【低気圧と副腎疲労の関係についてはこちら】

☆低気圧が来ると調子が悪い

低気圧が来ると調子が悪い
台風が接近しています 天気予報図をみると太平洋上に大きな台風が発生しています 台風といえば巨大な低気圧の塊 台風が遥か彼方の日...

【副腎についてはこちら】

☆集中しているとお腹が空かないーー『副腎』ってなぁに?

集中しているとお腹が空かない
食事を忘れる・・ 「寝食を忘れて没頭する」ってありますよね? 経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私もかつては熱中すると時間も食事も忘れてしてました 今も時々、特に朝は「あ、早くごはん食べなくちゃ」と慌てることも 熱中していたり集中していたりするとお腹空かないんですよね でもこれ、実は危険 人間ってある程度は頑張りが利くように出来ていますけれど、それも程度問題 限界があるのを知って頂きたいです 繰り返しているとがんばりを司る『副腎』という臓器が壊れます 機能が破綻します・・

※もっと読みたい方へ
ブログのカテゴリーの所からそれぞれのワードへ飛んで下さい。
貧血 副腎 副腎疲労などのカテゴリーからどうぞ。

❤まだまだ募集中❤

***************************************************************

【離乳食セミナーオンライン講座のお知らせ】
ご都合が合わずに参加を見送った方、遠方で受講が出来なかった方、
今までの離乳食セミナー参加者の方の再受講、大歓迎です。

お申し込みはこちらです。
「誰も教えてくれない、本当の離乳食の話in愛知」オンライン講座
リンク中に講座風景の動画もあるのでぜひご覧ください。

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする