暑さはまだまだ続く~夏バテ&熱中症になりやすいのには訳がある やっぱり食事なんです

夏バテ&熱中症になりやすいのには訳がある

今年はほんとに暑い。台風はどんどん来るし、蒸し暑いし。

夏バテしている方も多いと聞きますし、熱中症で搬送される方も過去最高とか。

残暑はまだまだ続きそうですね・・
お子さんの夏休みもあとわずか。学校が始まっても冷房のない教室も多いですし、運動会の練習などが始まったりと油断出来ませんね・・

高齢の方はタンパク質不足の方も多いので脱水になりやすい

夏バテも熱中症にもならない人がいるわけで、それには理由があります。

私達の体の大部分は『水分』が含まれています。
(※単なる水ではなく体にとって大事な栄養のつまった水です。)

暑かったりして水分が抜けると「脱水」になり、体温調節も出来なくなり具合が悪くなる・・
(脱水だけが具合が悪くなる原因ではないですが・・)

でも夏バテ&熱中症になりやすい方は総じて『脱水しやすい体』なんです。

特にタンパク質不足&貧血の方に多い。

この頃のお食事。そうめんとかのどごしの良いものばかり食べていませんか?

または気がつけば糖質寄りの食事ではありませんか?

そうめんみたいな冷たいものは食べていなくてもうどんだったりパスタだったり・・なんてことはないですか?

そういえば朝もパン、昼もパン、とか。

肉や魚、たまごなどの動物性タンパク質はどのくらい摂っているでしょうか??

私達の体は水分を維持できるように水分をたっぷり含める
スポンジのような働きをしています。

スポンジにたっぷり水分を含むには容量の大きなスポンジがいいわけですが、タンパク質不足や貧血がある方はこのスポンジの容量が少ないのです。

ってことは、蓄えられる水分量も少ないわけで、大きな容量のスポンジと比べて脱水になりやすい・・

「脱水」は単なる水分不足から来るだけではない・・

タンパク質は水分を保持する役目がある

血液検査項目の中に『アルブミン=ALB=Albumin』というのがありますが、これがどれだけ水分を蓄えられるかの目安になるものでもあります。

『水分』と言っても単なる『水』ではなく栄養のつまった水をいいますし、体の中を巡る血液も体液、ホルモンなどなどもこの「水分」の中に含まれます。

このアルブミン。タンパク不足があると低いのです。
つまりスポンジの容量が少ない。

タンパク質不足は外界の変化などにも対応出来にくいのです。筋肉も少ない傾向があったりするので汗もうまくかけなかったり・・

なのでタンパク質はしっかり摂って容量の大きなスポンジを蓄えて欲しいのです。

アルブミン
基準値 3.8-5.2g/dl

健康であるためには4.5位は維持したい

4.0以下は何か病気があるかもしれないサイン(特に3.5以下は何らかの病気のサインと共に栄養障害の疑い)

4.0から4.5未満はタンパク質不足の可能性

夏バテ&熱中症になりにくいコツ

夏バテ&熱中症になりにくいコツ。

ずばり、しっかり食べて睡眠もバッチリとることです。

たくさん食べてます~ って方のお食事にタンパク質がなかったり、ほんのちょびっとだったりすることも珍しくありません。

たくさん食べている、と思っているのはごはんだったりパンだったり、そうめんやパスタだったりします。

食欲がなくて~というのもこの時期、よく聞きます。

食欲がないからと食べなかったり糖質ばかり食べていると夏バテ&熱中症のリスクが上がりますし、ますます体調が悪くなります。

「スポンジ」の材料になるのはタンパク質です。

是非少しずつでもタンパク質食べてくださいね。

お子さんのおやつにもタンパク質補給にもお勧めなのはこちら!!

成長期に必要な「おやつの話」 甘いものだけじゃない、栄養の摂れるおやつ!
おやつ=甘いものから脱したい おやつは子どもも大人も楽しみな時間。 なんたって魅惑的な甘いものが食べられるから。 私も大好きでした←過去形! お昼ごはん終わると3時が待ち遠しかったですね・・ (食後すぐにこの状態、その理由もちゃんとある・・) おやつはそもそも胃袋の小さい子どもが一食の食事で食べきれない分の「補充=補食」としての位置づけも大きかったわけ。 食後3-4時間でお腹が空くし、小さい子はエネルギーも維持できないし、大事な血糖値も維持できないから食事と食事の間におやつを食べるのは理にかなってるのです。 ただ、食べるのに何でもいいか、といえばさすがに甘いものずくしにしないほうがいい。 なぜなら成長期には私達が思っている以上にたくさんの栄養が必要だから、それを補う目的も忘れるととても残念・・・ 甘いものだと血糖値のコントロールが未熟な子どもは特に不安定になりやすいし。 夕方だと特にメンタルにも影響が出るんですよ・・ ここに詳しく書いてます 『甘いものでキレやすくなる 何故甘いものはよくないのか? 血糖値の乱高下が怖い』   https://goo.gl/mRwr7c なのでおやつ=甘いものから脱したいのです。

WEB版セミナーコンテンツのお知らせ

2月28日(木)より募集開始
WEBセミナー最新No.5
『タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!』
こちらから↓

《受講募集中》No.1-No.5

お申し込みリンク
https://ws.formzu.net/fgen/S72681087/

No.5 子どもから高齢者までつかえる分子栄養学の基礎知識と実践シリーズ①
タンパク質ってなに?3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!

最新☆WEBセミナー募集開始☆タンパク質ってなに? 3歩先をいく 攻めの分子栄養学で元気に長寿で!
私たちのからだを作っている最も大切な栄養素は「タンパク質」です。
えっとー大事っていわれてもよくわかんない
タンパク質ってなんだったけ?
魚もタンパク質?米は?
動物性のタンパク質って肉ですか? じゃあ豆腐は?
これら実際にごく普通の会話やセミナーなどで聞いたり質問されたりしたものです。
「タンパク質ってなんだっけ?」というのはなにを隠そう実はかつての私が言っていたことです。大学で栄養学学んだワタクシが!

NO.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい?

詳細はこちら

発達障がいといわれてもあきらめないで!新WEBセミナーのお知らせ
『 WEBセミナーNo.4成長期のお食事と栄養を考える 子どもの食事と発達トラブルそれって本当に発達障がい? 』

お申し込みはこちら…

No.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう

詳細はこちら

WEB版セミナーNo.3  栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう~受講者募集
もうすぐクリスマス! そして猪突猛進、イノシシ年の新年もやってきます。そこでクリスマス&新年企画としましてお得にご提供することになりました。それぞれ15名様に特別価格でご提供。
以前のセミナー(No.1&No.2)の受講者の方には半額でご提供いたします。今回のテーマはお茶会でも人気が高かった
《栄養療法ってなに?分子栄養学ってなに?自分に足りない栄養素を知ろう》というテーマのセミナーです。

No.2 《あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!》
詳細はこちら

WEB版セミナーNo.2あなどってはいけない、成長期の栄養 今からでも間に合うお食事改善 成長を妨げるのは鉄不足かも?!
子どもの健やかな成長は誰しもが願うところですけれど、なかなか背が伸びない、とか体重が増えない、病気ばかりしている、病気がなかなか治らない・・反抗がすごくて、とかお友達とのトラブルが多くて・・とか悩みは何かしらありますしつきないですね。
こんな所に実は毎日食べている食事、栄養が関わっているとしたら?まさかの食事?!と思う方もいらっしゃるかも。
でも毎日のこと、食事は意外に影響があるかもですよ。
今から出来る事をして健やかにトラブルのない子育てを楽しんでくださいね。

No.1《体脂肪を減らす食事と栄養》2018Ver.
詳細はこちら

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.

WEB版セミナー募集開始・第一弾《体脂肪を減らす食事と栄養》 2018Ver.
体脂肪とひと言でいっても色々な悩みがあると思います。

 

【今後の予定】

順次配信予定
【大人の気になるコンテンツ】

「シミ・シワ・タルミを防ぐお食事」
「しつこい疲れの正体」(仮)
「栄養療法って何?分子栄養学って何?」No.3受講募集中

【お子さんの成長&発達などに関するコンテンツ】

「子どもの健やかな成長に必要な栄養とお食事」No.2受講募集中
「子どもの食事と発達トラブル それって本当に発達障害?」No.4受講募集中

「意外と知らない症状 子どもも大人もみんな貧血だった? 」仮

「スポーツするならさせるなら~成長期のスポーツとお食事」仮

その他栄養別の話や妊活の話、産後の栄養の話、副腎疲労の話などなどを計画中です。

テーマのリクエストも受け付けています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする