成長期のトラブル

食べても食べても

成長期は骨も内臓も知能も当然ですがすべてが成長します

その成長に欠かせないのが口から摂った食物からの栄養です

私達が思っている以上に成長には色々な栄養とかなりの量が必要です

食べても食べても成長に追いつかない、そんな感じが『成長期の栄養』です

なので一食たりとも抜いたりお菓子などですませたりしないようにしないとです・・

成長期のトラブル

人間の体って十分な栄養がないと体の一部を壊して使います そうやってつじつま合わせをしながら生きているのです

子どもの成長は大切ですが実は胎児期から始まっています

母体からの栄養からです

そして生まれてからどんどん成長する間にその子に合った栄養が供給されていないと成長が出来ないだけでなく色々な所にトラブルが出ます

小さいときはそこそこ大丈夫でも思春期にさしかかったとたん体の面だけでなく精神面や行動面にトラブルが出る子がいます

イライラする、グスグスいう、学習面でのトラブルが出る、けんかしやすい、口答えばかりする、反抗ばかりする・・

ありがちなこれら  もしかしたら成長に見合った栄養が摂れていなくてそれが原因になっているかも知れませんよ・・

そんなお話を先日香川・高松で拝聴して来ました

子どもにトラブルが出たとき、調子が悪いとき・・

実はその子どもだけでなく、お母さんも一緒にケアするのが大事、ともいわれています

まずはお母さんから元気に

お食事を整えて成長に見合った栄養を摂っていきたですね

お問い合わせはこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする